Melt Town

柏…松戸中心…東葛地区…都内近郊… B級スポット…神社仏閣…トマソン…洞窟…行列…朝飯… Melt なTown情報… a.k.a メルトタウン

<スポンサーリンク>






霊波之光発祥地新年に…霊波之光に行ってから…すっかり善雄様ファンになり…色々と調べていたら…松戸に…霊波之光発祥地があるという… それは…馬橋の住宅街の中にある…何でも…昭和三一年に善雄様のもとに集まった信者たちによって「霊波之光鑽仰会」が形成され…その ...

宿河原駅前にあるローソン… 川崎…日本のスラムと揶揄される…川崎市川崎区…そんな危険な地帯よりやや西…川崎市多摩区…そこには夢のような…ファンタジー物件がある…それは…宿河原駅前にあるローソン…ここのローソン…なんと…ドラえもんにパーマン…エスパーマミ… ...

柏駅西口にあるいなたい飲み屋街…柏駅の西口にある…一本の小道…そこは…ブルージーな昭和の香りを残す…一本道… その入り口は…西口の階段を下りて直ぐの所にある…焼鳥屋…鳥平の奥にある… 細く長く続く一本道…この道には… 昭和の香りがする… いなたい飲み屋が ...

船橋にあった遊郭「海神新地」その昔…船橋には…「海神新地」と呼ばれる遊郭があった…嗚呼…男達の楽園遊郭…場所は…今も当時の名残を残し…失われた楽園の香りを感じさせてくれる…バベルが建ち…人々でにぎわう船橋の駅前…海神新地の入口は駅前から5分程歩き小道に入っ ...

船橋にある旅館「妙泉」 船橋駅の少し外れに… 怪しい雰囲気を放つ旅館がある…細い路地…緑の壁…お屋敷のような門…ここが…船橋の怪奇旅館…妙泉…扉は重く閉ざされている…路地を歩く…左手には旅館の敷地が続く…和式の作りから…洋式へと作りが変わる…和洋折衷…か ...

川べりにある松戸の準スラム街… 松戸の駅から少し離れた川沿いに… まるで…スラム街を彷彿させる…荒廃した場所がある…MADスラム…その場所の入口は…レンガ橋の近くにある…レンガ橋を渡り…川沿いの小道へと入る…小道をぬけ川を渡ると…バラックのようなトタン ...

船橋のスラム街 都疎浜船橋には…都疎浜と呼ばれる…バラックが立ち並ぶ…スラムのような場所がある…それは…某有名老舗旅館の真裏にそびえ立つバベルの麓にある…旅館を裏手に回り…バベルの麓を流れる小川沿いへと向かうと…殺伐とした雰囲気の小道がある…小道を奥へと進 ...

無用扉のトマソン某船橋スラム街…川沿いを歩いていると… 視界に入りこんだ扉…この扉… 右側のスペースから入り放題…抑止力は立ち入り禁止の看板のが上…この扉…全く持って無用の長物…トマソン…無駄こそだ美しい…そんな場所がある街…船橋… ...

もの喰う木?生き埋め?船橋のトマソン?… 船橋を散策していた時に… トマソンへと…変貌しようとしている壁と出会った… 一期一会… 異様な空間… 無用の長物… トマソン… 人は小さなトマソンを皆心に飼っている… 見た瞬間に戦慄をおぼえる光景…明らかに異質な空間 ...

ヌリカベ!?北小金のトマソン… トマソン… それは…超芸術… 無用の長物… ヌリカベ…それはトマソンの概念…北小金某所にある一軒屋…明らかに左側の壁の様子がおかしい…異物感…心がざわつく…そう…この壁…コンクリでは無いが…ペンキによって白く塗られ壁にされ ...

緑化された家…葛飾区某所…緑に覆われた家がある…ツタに覆われた家はよく見かけるが…この家は少し様子が違う…十字路に突如現る…緑に覆われた一台の自販機…近づくと…この緑…雑草やツタでは無く…増設されたプラスチックの台の上に…乗せられた大量のプランター…大量 ...

江戸川競艇場の門番「大魔神」大魔神… 日本映画でお馴染みの…怒りで顔が変わる埴輪みたいなアレ…京都の大映通り商店街に…2015年に設置された高さ約5メートルの銅像が有名だが…それよりもはるか昔…2008年から設置されている場所がある… それが…江戸川競艇場…まるで ...

市川市にある有名なプレイスポット大慶園大慶園…それは市川にある謎のプレイスポット…巨大なゲームセンター…千葉の若者は…免許を取ると…どこからともなくその場所の噂を聞きつけ…夜な夜なこの場所へとたどり着くという…若者達は、ほとんど夜訪れるが…大慶園は24時間 ...

東福寺の塩かけ地蔵 塩地蔵…古来より地蔵に塩をぶっかけ…溶けさせるメルト習慣が日本にはある… そんな塩かけ地蔵が…東京は渋谷区にもある…東福寺…その小奇麗な境内の中にある…2基の祠…その祠の中に…塩で溶け原型を咎めていないメルト地蔵が祭られている…手前に ...

宗教施設内にあるドムドムバーガー 宗教飯… 信仰ある人々が食べているフード… 宗教施設で食べれる飯… 2020…新年…俺は…野田にある城…霊波之光教会本部へと初詣へと出かけた…駐車場には沢山の車…毎年三箇日は…日本全国津々浦々…この日の為に沢山の人々が訪れる ...

三ツ堀の金精神「浄法寺」 生殖器崇拝… それは…ヒトの男女の生殖器をかたどった象徴的造形物… 秘められしパワー…多産、豊穣などをもたらす呪術的な力をみとめ… 信仰する… 野田には多くの…生殖器崇拝を信仰している場所が存在する…   野田は三ツ堀の荒れ果て ...

単独終端駅 方南町篇 「カーサ和泉」単独終端駅 方南町篇 「カーサ和泉」日本のガウディと呼ばれる建築家・梵寿綱。住める事なら住みたい…異空間。非現実を体験できる建築…そんな、数十年前に造られた梵寿綱建築が単独終端駅 方南町にも存在する…東京メトロの駅では数少 ...

蛸さんすべり台のある公園「上沼田東公園」「上沼田北公園」蛸のすべり台…昭和の街、どこにでもいた蛸さんすべり台…現在、老朽化、そして危険性の高い遊具として全国から姿を消し始めている……そんな伝説の遊具「蛸さんすべり台」が足立区には11匹もいるという…先日、仕 ...

足立の十一蛸すべり台足立には11匹の蛸がいる…十一蛸伝説…伝説の遊具…蛸さんすべり台…昭和の頃全国各地にみられた、蛸さんすべり台…しかし近年その蛸のすべり台が老朽化や遊具としての安全性などの問題から姿を消している…また新しく作られた蛸のすべり台達は、茹で上 ...

小田原市早川 魚籃大観音大きいモノに人々は、昔から魅了される。大きければ大きいほど、偉大さ、神々しさを感じる。 日本各地に巨大な観音、巨大な大仏が鎮座している。早川の地にも巨大なやつがいた…新年に、箱根にある某カルト団体が営む神社へ初詣に行こうと電車に揺ら ...

日本で唯一の幼神神社と書かれた箱根大天狗山神社噂…それは…ある人の身の上や、物事についての、確実でない話…確実ではないが、ヤバいと言われる場所が日本には多数存在する…噂…それは、本当なのか…この目で見たくなるのが男の性…そんな場所を探し求め今日も彷徨う… ...

三軒茶屋にあるゴリラビル 全国津々浦々に存在する巨大なゴリラ… a.k.a.キングコング…三茶にも30数年前から巣食う…巨大なゴリラが存在する… それは…茶沢通りを歩いていると出会える…おわかりいただけただろうか…明らかに…異質な存在… ファミマの上の巨大な物体 ...

世田谷にあるちゃんぽん屋「長崎」 ちゃんぽん… それは…関東の人間には…リンガーハットでお馴染み…発祥は長崎県長崎市…そんな本場のちゃんぽんが食える店が世田谷にある…貫禄すら感じる店構え…本場の味…しかし…男達はちゃんぽんに中々届かない…それは…店に入り ...

嗚呼…俺達の焼きそば…「山口屋」 焼きそば屋… 焼きそば一本で勝負する店…俺達のドリームランド…焼きそば屋… 取手駅近くの国道6号から脇に入った小道に…俺達の焼きそば屋はある… その佇まいは無骨そのもの…飾りっ気のない暖簾が哀愁を漂わせる…ワールドイズマ ...

新交通システム「ユーカリが丘線」新交通システム日本における自動運転を指向した都市公共交通機関又自動案内軌条式旅客輸送システム (AGT)とも呼ばれている。純民間企業経営のAGTは、日本で2路線しか存在しない。日本初の純民間企業経営のAGTが、不動産会社である「山万」が ...

としまえんにある世界最古級(日本最古)のヴィンテージメリーゴーランド「カルーセルエルドラド」エルドラド…それは、黄金郷…大航海時代にスペインに伝わったアンデスの奥地に存在するとされた伝説上の土地…そんな黄金郷が東京は豊島区に存在した…先日の休みの事…特に ...

南武線・鶴見線「浜川崎駅」数年前の出来事。国道駅や海芝浦駅、大川駅などを散策した帰り道。俺は、鶴見線から南武線へ乗り換えようと思い浜川崎駅で降りた。しかし降りたホームを見渡す限り南武線が無いのである…おかしいなと思い跨線橋へと向かう。階段を上る。一番上ま ...

多摩川競艇場前「居酒屋 桑実商店」朝飲み…モーニング…朝から飲む…昼飲みよりもさらに高貴な行為…俺達は、そんな朝飲み場を探し求め続けている…先日、多摩川競艇場へと遊びに行った時の事だった…競艇場の入口目の前にある一軒のお店…ラーメン…焼きそば…焼き鳥…の文 ...

多摩川競艇場 「牛炊・串モツ」 全国津々浦々にある公営ギャンブル場…そこでしか出会えない空気…そこでしか味わえない味覚…それがギャンブル飯…ギャンブルを肴に飲みに興じる…最高…今日も美味い飯を求め彷徨い続ける…多摩川競艇場入口の目の前にある桑実商店で軽く ...

中山競馬場にある丼や らぐぅ 牛丼…男達の浪漫…牛…すじ…丼…俺達の憧れ…ギャンブル飯…ギャンブル中…一時の楽しみ…ギャンブル場内でしか出会えない…オンリーワンな料理達… 中山競馬場…緑の広場エリア内にある「丼や らぐぅ」…ここで食える珠玉の一品…それが… ...

都会のジャングル…怪奇旅館「いなりや」 東京は山谷に…まるでラピュタのような旅館がある… かつてドヤ街と言われ…安宿…日雇い労働者で賑わっていた山谷も…時代の流れからか…過去のアングラな雰囲気は薄れ…外人向けの綺麗な宿などが目立つようになってきた…しか ...

東京の奇祭「靴のめぐみ祭り市」年に一度…玉姫稲荷神社で行われる奇祭…「靴のめぐみ祭り市」へ…3年ぶり4回目の訪問… 毎年…11月の最終土曜、日曜日に開催される靴のめぐみ祭り市… 沢山の人と出店で賑わう境内…一見するとだたの祭…いったい何が奇祭かというと… ...

夢枕に立たれた不動明王に、示され霊泉の湧く温泉宿コンクリート像…それは…読んで字の如く…コンクリートで作られた像…昭和のカウンターカルチャーの一つであり…オリジナリティ高く…その荒々しい造りは、唯一無二の物が多い…そんな心揺さぶられるコンクリート像が日本 ...

1896年常磐線開業当時からあるレンガの橋脚ガード下…高架下…それは…まるで…あなぐら…穴が好きな男達…それを我慢できない…薄暗い人工のあなぐら…ある日の午後…仕事で北小金に訪れた時の事だ…俺は常磐線沿線を…歩いていた…すると…ガードが…ぽっかりと口を開けて ...

渋谷区にある神宮通公園ある晴れた日のある時間…数年ぶりに仕事で訪れた渋谷の街…街が大分姿を変えているな…原宿から渋谷方面へしばらく歩き神宮通公園の近くへ…視線の先…遠目で見える宮下公園は工事の真っ最中…昔いたホームレス達はどこかへ消えてしまったのだろうか ...


↑このページのトップヘ