Melt Town

柏…松戸中心…東葛地区…都内近郊… B級スポット…神社仏閣…トマソン…洞窟…行列…朝飯… Melt なTown情報… a.k.a メルトタウン

<スポンサーリンク>






南越谷にある商業施設「越谷サンシティ」 嗚呼…俺たちのサンシティ…昭和感じる…サンシティ…そのサンシティ広場には…巨大なあれが鎮座する… 左手にはサンシティホール…右手にイオン…正面がサンシティ…歩道から少し段差を下がるは…越谷市民憩いの場…俺たちのサン ...

灯台の下にあるコンテナ群 犬吠崎の灯台の近くに… いなたい雰囲気の売店がある… それは灯台を出ると直ぐの所にある… 自販機の奥に見える売店… 近づくと…倒れた看板…スプレーされた看板…塩で錆だらけのコンテナ…たこやきと書かれた看板…薄暗い店内…一見して廃 ...

神奈川県南足柄市 「大雄山最乗寺(道了尊)」鉄下駄それは足腰を鍛える履物。天狗それは、顔が赤くて鼻が高く、背に翼がある山伏。南足利市にある大雄山駅…金時山の遥か麓にある駅…夢…天狗に、鉄下駄のトレーニング誘われる夢を見た…ある朝、ふと目を覚ますと俺は、小 ...

横浜にある浮遊寺「三宝寺」街を、散策している時に稀に感じる違和感。違和感の正体を探すと異様な光景に気が付く。数年前、横浜での一幕もそんな違和感からだった。横浜の街を歩いている時に、ふと視界に入ったマンション。何という事はないマンションなのだが違和感を覚え ...

大船観音寺大きい物。巨大な物。目の前に、そびえ立つ巨大な物。その異様な光景に、男は何故か興奮してしまう。巨大という響きにワクワクがとまらない。俺は、そんな巨大な物に先日大船で出会った。俺は、駅を降りて直ぐに異変に気が付いた。何だあれは…異形の者?進撃の巨 ...

生きる廃墟!ホテルワールド会館生きる廃墟…まるで廃墟のようだがまだ生きている場所…九龍城それは東洋の魔窟とも呼ばれた増築され巨大化した複雑怪奇なスラム建造物…しばし日本でも似たような雰囲気のビルを〇〇の九龍城と呼ぶそんな場所が世の中には多数存在する…数年 ...

柏某所の中古車屋 柏のとある場所に日本のアベンジャーズ達が隔離されている…とある街道沿いを歩いていると…鉄人が視界に入りこんでくる…その奥には…なんと…本家アベンジャーズのハルクとアイアンマンの前に…悟空…ベジータ…麦わら…ジャム…マリオ…そしてなぜか… ...

巨大キングコング日本全国津々浦々に何故か多数存在する巨大なキングコング…主にパチンコ屋に見られがちな存在…そんなキングコングが五香駅前にも存在する…駅を降りると速攻で視界に飛び込んでくる…そう…こいつが…五香のキングコング…手のひらには美女…下からなめる ...

五香…噂の激安240円弁当… 五香に噂の激安弁当を売っている場所がある… それは… 柏市にある… 千葉で1番安いと噂の… フードセンターワタナベの250円(税込270円)弁当を遥かに上回る安さ… そのお値段税込240円… そのクオリティとは…それは…五 ...

南柏にある昭和感じる飲み屋通り南柏…その昔…駅前には廃墟のようなビル…屋上にはバッティングセンター…裏には大衆焼肉庄平…謎の花屋…噂のサロンUFO…昭和臭全開の廃れた町だった…しかし今は…近代化が進み大手居酒屋チェーン…夜の蝶の店が立ち並ぶ繁華街へと姿を変え ...

吉川駅前の巨大ナマズ 全国津々浦々に存在する… 巨大モニュメント… 吉川の駅前にもインパクト強めのモニュメントがある… それは駅を降りてすぐにある… 金色の衣を纏いて泥水の池に降りたつ…巨大なナマズ…かなりのインパクト…圧巻のフォトジェニック…しかし…知 ...

ふくろうマークのサンデン製の廃自販機 使われなくなり… そのまま放置され…風景の一部になってしまった自販機が…街中にひっそりと眠り続け…日本国内に津々浦々に存在する… そんな廃自販機の一つが北小金にもある…一見すると白い扉…または壁に見える…  近づくと ...

吉川に描かれたバンクシーバンクシー…それはイギリスを拠点とする匿名のストリートアーティスト…東京・日の出駅近くの防潮扉で傘をさした鼠「アンブレラ・ラット」が描かれていて話題になった…公共物に落書きをする事は、犯罪なのだが…東京都はこれを黙認…それどころか ...

シンガポール政府観光局公認「マーライオン」 マーライオン… それは… シンガポールにある、「世界三大がっかり観光地」で有名な…上半身がライオン、下半身は魚の姿の有名な像… シンガポールに7体いると言われている…そんな…マーライオンは…日本でもこれまでに函館 ...

隠れた名店…本格派カレーの店「 咖喱夢(カリーム)」 カレーの街…柏… 古くから……柏には…某有名ミュージシャン…サン〇ラ〇中〇くんがパワープッシュする某有名店がある…しかし…柏の中心地から離れたローカルストリートに…柏のカレーファン達があしげなく通う店が… ...

ビンテージ自販機「SUN POWER」 その昔… 日本国内には… 今よりも多種多様なデザインやメーカーの自販機があった… 時代と共に淘汰してゆく古い自販機… 街中にひっそりと眠り続ける… そんな廃自販機が… 柏市増尾台にもある… 街の景観に溶け込み… 風景の一 ...

手賀沼の田んぼを守る異形なカカシ群 かかし… それは田畑を守る為に造られた神の人形… その姿は一般的に… 人をモチーフとしている… しかし… 手賀沼沿いの田んぼを守る案山子群は… 異形なる姿をしている…それは北柏から我孫子へ方面へ向かう途中…丁度…柏と我孫 ...

しながわ百景「利田神社と鯨塚」今から約200年前、寛政10年(1798)5月1日、に1頭の鯨が品川の海にまぎれ込んだ…当時…猟師町だった品川の漁師達は、初めて見る鯨に驚きながらも勇敢に鯨をつかまえた…9間(16メートル)もある鯨が品川にあがったという話しはまたたくまに江 ...

ドトール系列の喫茶店コロラド ドトールコーヒーの前進にして…ドトールコーヒーフランチャイズの祖「コロラド」…現在も日本全国津々浦々に現存し…松戸某所にもある…そのコロラドで提供している至高のメニュー…「サバサンド」…某有名司会者タ〇リも愛した食べ物「サバ ...

ニューシャトル「丸山駅」鉄人28号の巨大オブジェ2009年に…JR新長田駅南側、若松公園内に直立時の設定が18mにも及ぶ「鉄人28号」の巨大モニュメントが建てられた。…しかし…遥か前の1987年頃…大宮駅の「まめの木」の近くにも…「鉄人28号」の巨大モニュメントがあった…数 ...

桜川土手沿いのサギヤマ ザキヤマ… それはお笑い芸人…サギヤマ…サギ類の集団営巣地…コロニー…佐野子町から駅へと向かう途中にある…桜川を渡る橋…ここから巨大鷺コロニーが確認出来る…川を渡り…土手沿いを眺めると…無数の白い物体…鷺…分かりずらいが…白以外に ...

天狗の顔と洞窟がある神社… 横浜に… 洞窟… 天狗… と男の2大浪漫がつまった神社がある… それが…大網金比羅神社a.k.a「横浜のこんぴらさん」…階段を上ったソノサキハ…なんと…何もない…謎…ここに社殿があったが…裏山が崩壊し社殿が倒壊してしまった…新社殿をこ ...

松戸のハワイ ハワイ… 常夏の島… 日本のダイヤモンドヘッド江ノ島… 常磐ハワイアンズセンター日本津々浦々に存在するハワイ…松戸にもハワイが存在する… それは…北小金駅から徒歩3分…小金交番から6号沿いにある旧小金消防署へと向かう道…そこが松戸のハワイ…ハ ...

真っ赤な達磨が祀られている「幸谷観音」 達磨… 達磨大師… 高崎… 達磨を祀る寺は日本津々浦々ある… 千葉にも数少ないが達磨を祀る寺がある… その一つが松戸にもある…その達磨は顔まで真っ赤な珍しい達磨… 達磨は…新松戸駅から20分程離れた場所にある慈眼山・ ...

新松戸にある幸谷ガード 新松戸に… 常に危険と隣り合わせの場所がある… デッドオアアライブ…  それが…西口から東口へ行くためのガード下…第2幸谷ガードだ… 入口には…危険の為…迂回するよう記されている… 何が危険かと言うと…このガード下… 幅が極端に狭い ...

松戸四 国八十八ヶ所弘法大師霊場がある宝光院松戸には…四国観音場巡りの88ヶ所を巡ったとの同じ利益が得られる場所がる…其処には…八十八体の地蔵群がある… それが…千葉周作修行之地…宝光院…門を潜り境内へと入ると…お堂の前に…松戸四 国八十八ヶ所弘法大師霊場 ...

新松戸に佇む巨大な石碑新松戸には… 巨大な石碑がある… 常磐線に乗っていると見える謎のアレだ…  改札を出て線路沿いへと向かうと…駐輪場の裏に見える…巨大な石碑… 隣のビルと比べてみてもかなり大きい事がわかる…駐輪場とビルの間…明らかに感じる異物感…余程 ...

鰭ヶ崎にある小さな飲み屋街と小金城址の怪しい街並み…ローカル線界の北関東の雄…流鉄流山線…流山沿線には昭和の香りが残っている…そして小電波も… 幸谷駅…萌えな美少女に出迎えられ…列車に乗り込む…鰭ヶ崎駅で降りると…最初に目に飛び込んで来くるのは…駐車場脇 ...

永福町大勝軒系ラーメン「中島」 永福町大勝軒…全国の麺ファンが…こぞって美味いと…その店の名を出す…言わずと知れた名店… 柏にも数店…永福系大勝軒の麺家があるが… 流山にも永福町大勝軒系譜の店がある… それが…平和台駅徒歩1分にあるラーメンショップ中島 ...

ファミチキ先輩がいる巨大店舗 流山にある巨大なファミマの店舗には… ファミチキ先輩が潜んでいる… 街道沿いにある…巨大なファミマ…コインランドリーや…広々としたイートインスペースがあるこの店舗…入口から店舗に入らず…道路沿いを進んで行くと…ショーウィンド ...

昭和酒場…松戸の「飲み屋横丁」 横丁とは… 表通りから横にはいった通り… 薄暗く細い通りに密集する飲み屋… そんな場所を「飲み屋横丁」や「のんべえ横丁」と呼ぶ… 日本津々浦々に存在する「飲み屋横丁」… 松戸にも…いなたい雰囲気の…飲み屋横丁が存在する…  ...

松戸宿…春雨橋周辺の街並み…松戸は…江戸時代…松戸宿と呼ばれる宿場町だった…旧水戸街道沿いには…その時代の形跡が沢山残されている…松戸駅西口から旧水戸街道沿いへと出ると…SEIKO…では無くSEKIがある…この辺り一帯が松戸宿と言われていた場所…ここから ...

巨大な赤い鳥居a.k.a.明かりのBOX 新松戸の改札を出ると其処は高架下… 高架下にピッタリと収まる形で…真っ赤な千本鳥居のようなオブジェがあり…人々から謎の赤い鳥居と呼ばれている…神社もない…賽銭箱も無い…何故…巨大な鳥居がこんな所にあるのか…それは…この高架 ...

しながわ百景「北品川の古い民家の家並み」品川に…昭和のまま時が止まった空間がある…つるの葉に飲み込まれた中華屋…あさのや…脇の駐車場を覗くと…奥に見える…古い家並み…足元には「北品川の古い民家の家並み」と記された看板がある…区によって保存されている…観光 ...


↑このページのトップヘ