弁護士、検察、裁判所、法律をテーマにした漫画を紹介

弁護士、検察、裁判所、法律をテーマにした漫画…

面白いだけじゃなくて…

為になる…

読んで損は無い…

それが法律系漫画…

「カバチタレ!」 

 
行政書士事務所を舞台にして、法律を駆使して社会的弱者を守っていくという物語である。本作では問題を起こす非常識な人間(俗に言うDQN)たちの生態がリアルなまでに描かれているのも特徴である。

同じく原作:田島隆、作画:東風孝広により『イブニング』で連載している事件屋をテーマにした作品『極悪がんぼ』とは世界観が共通しており、『極悪がんぼ』の主人公である神崎守と本作の主人公である田村が鉢合わせする場面がある他、『極悪がんぼ』において大野事務所と神崎の対決があった[1]。

また、監修者である青木雄二の作品『ナニワ金融道』に登場する帝国金融の広島支店の看板も登場しており、同一の世界観にあることが示唆されている。

タイトルについては、主人公の田村が行政書士試験に合格するまでは『カバチタレ!』、試験に合格して資格を取ってからは『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』、事務所を引き継いで所長になってからは『カバチ!!!』と変更されている。

カバチとは広島弁で「屁理屈」を意味し、カバチタレとは「屁理屈屋」の意である。また、本作品は台湾や韓国といった日本国外でも出版されているが、台湾での本作品のタイトルは「代書萬萬歳!」である。 作中の行政書士の活動が弁護士法第72条に違反する非弁活動という指摘が作中でもあったが、事件性必要説に立つと非弁行為とはならないと解されている。

引用元wikipedia-カバチタレ!

「ホカベン」


新人弁護士・堂本孝(ドラマ版では堂本灯)は、司法修習を終えた後法律相談所「エムザ」に入所し、プロボノセクションに配属された。

そこで堂本は、そのセクションのリーダーで自身の教育係・杉崎と出会う。しかし依頼者からの相談を受ける中で、法律に背き虐げられた弱者の辛い現実や、「法律は弱者を守ってくれる」と考える堂本と、法律の限界を知り尽くし「弱者を守らないどころか殺せる武器」と考える杉崎との対立に直面する。それでも堂本は弱者を救う為に、情熱だけで立ち向かう。

引用元wikipedia-ホカベン

「島根の弁護士」 


日本の都道府県の中で、所属する弁護士の人数が最も少ないとされる島根県。主人公・山崎水穂は、27人目の弁護士として島根県に赴任してきた新米弁護士である[1]。

水穂は「罪を憎んで人を恨まず」をモットーに、様々な訴訟事件と向き合いながら、徐々に成長を遂げていく。

引用元wikipedia-島根の弁護士

弁護士のくず

型破りで無茶苦茶な言動から「人間のくず」とまで呼ばれる弁護士九頭元人(くず もとひと)が、舞い込んでくる様々な依頼を引き受ける過程で、弁護士とは思えないような方法で依頼を解決する様や、依頼の裏に潜む人間模様を描いたブラック・コメディ漫画である。

引用元wikipedia-弁護士のくず

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか 」

殺人・強盗・覚醒剤など、法廷内ではさまざまな人間模様が繰り広げられる。実際に著者が東京地裁で傍聴した裁判の中から、印象深かったものをピックアップしたエッセイが鉄人社の雑誌『裏モノJAPAN』で連載された。

それらをまとめた単行本が2003年に書籍化された。2007年には、続編となる『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』が出版された。 エッセイを原作とした漫画が松橋犬輔の作画により、新潮社の漫画雑誌『週刊コミックバンチ』で2007年40号より2010年35号まで連載された。

2010年10月に創刊された『月刊コミックゼノン』(徳間書店)にその場を移し、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか ぼくに死刑と言えるのか』のタイトルで、引き続き連載をしている。

また、作画を担当している松橋の実弟が2009年9月2日に児童福祉法違反と売春防止法違反の罪で逮捕されたことにより、その裁判の模様が2011年3月号から7月号に渡り特別編として『裁判長!ぼくの弟 懲役4年でどうすか』と銘打って描かれた。

なお、判決が出た後の弟と松橋家の様子は、同タイトルの単行本にエピローグ『その後の弟』として描き下ろされている。

引用元wikipedia-裁判長!ここは懲役4年でどうすか

「Dr.検事モロハシ」

ドクターと検事の二足のわらじをはく男 …  

「マンガ法律の抜け穴」

法律の抜け穴をマンガで解説…


「そこをなんとか」


2007年、司法制度改革により司法修習修了者が急増したため、弁護士の就職難という事態が発生する。その一人、改世楽子はかつてのバイト先の客であった菅原を頼って事務所に入所し、先輩弁護士の東海林弘明と弁護士として業務に当たる。
主人公が新司法試験の合格者であることをはじめ、近年改正された法律など比較的新しい法知識を盛り込む。また、離婚に関する交渉や遺産の相続問題といった訴訟以外の弁護士の業務を扱うほか、国選弁護人や裁判員制度といった司法制度も扱う。
作品題名は、楽子が依頼人のため相手に食い下がって連発する「そこを何とか!」にちなむ。
引用元wikipedia-そこをなんとか

出るトコ出ましょ!

女子高生・亀井静は、かつてはお嬢様だった。ところが、父・知治の会社が倒産。一転して貧乏生活を強いられる。

生活費を稼ごうと、ふとしたことで出会った弁護士、野中広務の経営する野中法律事務所に押しかけ、アルバイトとして雇われるが、制服フェチの雇い主を初めとするひと癖もふた癖もある人間たちに囲まれて、苦労の連続。しかし、楽天家の静はトラブルを起こしながらも日々明るく働き、事件を解決していくのであった。

出典元wikioedia-出るトコ出ましょ!

「MC☆LAW 」


主人公の知立護は16歳で司法試験をパスした天才少年の史上最年少弁護士。明晰な頭脳と行動力、渋谷に棲む仲間のコネクションを使って法を武器に、街に巣くう悪を倒す[1][2]。

護は医療ミス、親権、自己破産、心神喪失、遺産相続などをめぐり、法廷で戦っていく。

引用元wikipedia-MC☆LAW

「Outlaw」

国友やすゆき…

アウトロー弁護士…

「壁ぎわ税務官」

いかりや長介で過去にドラマ化されている…


「検察官キソガワ」

元々動物行動学者だった木曽川…

検察官だった妻は被害者に逆恨みされ殺された…

亡き妻のかわりに検察官に転向した木曽川…

「ざこ検(潮)」


新米検事の糞闘劇…

「法の庭」

大学の法学部で同窓生だった3人…

それぞれが検事・弁護士・判事となり…

法廷で再会した…
  

「家栽の人」

家庭裁判所裁判官の桑田義雄が少年犯罪などの事件を裁く…
家庭裁判所裁判官の桑田義雄が、少年審判・家事審判を解決していく話を中心に人間の心情を描く物語。

その話は必ず植物(特に花)とどこかでリンクする。

そのため、題名は植物に関連するものとなっているが、一作のみ題名が植物とは異なっている。

引用元wikipedia-家裁の人

「極悪がんぼ」


同作者が『モーニング』にて連載している『カバチタレ!』が弱者を法律で救う熱血行政書士の物語であるのに対し、本作は学歴も資格も無い弱者の主人公・神崎が法律の裏をかく事件屋、秦探偵事務所に入所し立身出世を夢見て働く物語である。

なお『カバチタレ!』の登場人物もしばしば端役で登場する。 当初は一話完結の話が多く、一話ごとのつながりは薄かったが、掲載誌である『イブニング』が月刊から隔週刊となり1話当たりのページ数が減少したため、以降は『カバチタレ!』と同様に1つの事件を数話で描く話が多くなった。

中盤では所長の監査をきっかけにある案件に関与した金子が所長に反発、離反する様子が描かれ、以降は神崎が独立するまでの過程を描く、一本のストーリーが続くような形となっている。

人物の心理描写については『カバチタレ!』よりも深く描かれることが多く、また初期から人物のデフォルメ化やギャグ表現などもより多く用いられている。

「がんぼ」とは広島弁で「わんぱく、いたずらっ子、悪ガキ」の意味。

引用元wikipedia-極悪がんぼ

「女検事・玲緒奈」

若干24歳、新人女検事小野寺玲緒奈…

公認会計士萌ちゃん」 

会計士補・柿本一麻の上司は、現役女子大生会計士である藤原萌実。萌実は傍若無人なやり方で会社の実情を探るとともに、その不正を次々と暴いていく。そんな萌実に一麻は恋心を抱いていく。引用元wikipedia-女子大生会計士の事件簿