俺の大好きな漫画
「ディアスポリス-異邦警」 

東京にいる密入国外国人約15万人。悪い奴もいるが、難民認定を受けられず貧しい生活をしている者も大勢いる。そんな力を持たない異邦人たちが自分たちを守るため、密入国異邦人による密入国異邦人のための秘密組織・異邦都庁を作り上げた。そこには金融庁の関与しない銀行、厚労省の認可しない病院など、なんでもある。無論警察も存在する。これは、そんな異邦都庁でただ一人の警察官、久保塚早紀の活躍を描いた物語である。引用元wikipedhia-ディアスポリス_異邦警察
作画は、超・学校法人スタア學園で有名なすぎむらしんいち氏。 

個人的には、すぎむら作品はHOTEL CALFORINIAが一番好き。 


そして脚本は、あの浦沢ミステリーシリーズの共同制作、スーパーバイザー、プロデュースで有名な長崎 尚志さん。

長崎 尚志さんは複数のペンネームを持っていてこの作品の名義はリチャード・ウー。
リチャード・ウー名義の有名な作品だとクロコーチなどがある。


蛇頭や流氓のような不良外国人を馳 星周作品のようなエグくシリアスな描写にせず、コミカルに描きながらもシリアス感ハードボイルド感が際立つこの作品。

こいつがついに実写化するのだ!



しかーも俺の大好きな松田翔太主演!これ最高♪
そして俺の大好きなハマケンこと浜野謙太も出てる。
さらーに4月からTBSでドラマ化からの夏に映画化!これも最高!

待ちに待った人も多いこの作品。まさに僕が待ちに待った1人だ。
今年の楽しみが1つ増えたぜ。

ああ来月が待ち遠しいな~早く始まらないかな。


・おススメ記事↓
不良ダメ絶対!けど読むと面白い不良漫画30選!
真実は小説よりも奇なり!おすすめのノンフィクション漫画♪ 
巨悪は許さん!正義の鉄槌を!おすすめの警察漫画27選 
ブラックジャックからフラジャイルまでおススメの医療漫画25選 
弁護士、検察、裁判所、などなど法律をテーマにした、おすすめの漫画19選