マンガ大賞2016の結果が発表されましたねー!

※前回予想した記事→マンガ大賞2016のノミネート作品を読んだので、今年の大賞を予想してみたお話し♪ 


僕の予想は、大賞『ダンジョン飯』、2位 『BLUE GIANT』、3位『とんかつDJアゲ太郎』でしたが実際の結果は…

 大賞は『ゴールデンカムイ』 

1904年(明治37年)の日露戦争で戦死した親友の願いを叶えるため、大金を求める元兵士・杉元は、一攫千金を夢見て北海道の地を訪れる。
その地にはアイヌの遺した金塊の手がかりがあるという。
道内の過酷な環境の中、知り合ったアイヌの少女・アシㇼパと共に、警察や第七師団ら競合者達の追跡をかわしながら、手がかりを追い求める。
引用元wikipedia-ゴールデンカムイ


2位 『ダンジョン飯』 

登場人物が、古典的ファンタジー作品に登場する様々なモンスターを現実に存在する調理方法によって料理しながらダンジョンを踏破していくという、アドベンチャーとグルメを混交させた作風[3]。スライムやマンドラゴラ、バジリスクといった、ファンタジー作品では定番のモンスターの生態を改めて論理的に考察し、それに基づき「いかに調理すれば美味に食べられるか」を主眼に置いている。作中で実際に作られた料理にはレシピが記載され、そのことによってファンタジーでありながらリアリティー、説得力を生じさせている
引用元wikipedia-ダンジョン飯


3位 『BLUE GIANT』  

宮城県仙台市に住む高校生・宮本大はまっすぐな性格の持ち主だが、将来なにをしたいのか分からず学生生活を送っていた。
ある日聞いたジャズの曲に興味をひかれ、初めてのライブハウスでのジャズ演奏を目の当たりにして、サックスプレーヤーを目指す。
引用元wikipedia-BLUE GIANT


っていう結果で、わりと惜しい感じでした。

まーぶっちゃけ 『とんかつDJアゲ太郎』は、個人的な好みが強すぎたので多分無いなと思っていたら、
案の定11位最下位でした。

ゴールデンカムイに関しては、正直マンガ大賞2016と手塚治虫文化賞に両方にノミネートされている唯一の作品なので来るなーとは思ってので、記事は書いてたんですよね…(負け惜しみ感)

※最近書いたゴールデンカムイの記事→マンガ大賞2016と手塚治虫文化賞に両方にノミネート!!野田サトル氏のゴールデンカムイが面白いってお話し
 
まーそれでもダンジョン飯が1位だと思っていたので、ゴールデンカムイの勢いが凄いっすね。
このまま手塚治虫文化賞のタイトルもとってほしいですね!!

何にしても 『ゴールデンカムイ』大賞おめでとうですね♪

他の作品の結果などは→マンガ大賞2016公式サイト



・おススメ記事↓
不良ダメ絶対!けど読むと面白い不良漫画30選!
真実は小説よりも奇なり!おすすめのノンフィクション漫画♪ 
巨悪は許さん!正義の鉄槌を!おすすめの警察漫画27選 
ブラックジャックからフラジャイルまでおススメの医療漫画25選 
弁護士、検察、裁判所、などなど法律をテーマにした、おすすめの漫画19選