漫画、映画、小説が自分にとっての三大娯楽なのだが、基本ミステリー作品が1番好きだ。
漫画から映画化、小説から映画化、小説から漫画化なども多いこのジャンル。
入り方は様々だが、映画を観てから小説、小説を読んでから映画と楽しみ方も多様だ。
って事で今日は僕の好きなミステリー小説を何個か紹介致します。

まずは、逢坂 剛の「さまよえる脳髄」
最初は中1の時に見た同タイトルの映画から入り、20歳過ぎに古本屋で見かけ映画が面白かったので購入。
凄く脳に興味をもたされた作品。 

精神科医・南川藍子の前にあらわれた三人の男たちは、それぞれが脳に「傷」を持っていた。
試合中、突然マスコットガールに襲いかかり、殺人未遂で起訴されたプロ野球選手。
制服姿の女性ばかりを次々に惨殺していく連続殺人犯。そして、事件捜査時の負傷がもとで、大脳に障害を負った刑事。
やがて、藍子のもとに黒い影が迫り始める――。人間の脳にひそむ闇を大胆に抉り出す、傑作長編ミステリ。

引用元amazon-さまよえる脳髄

続いて「新宿鮫」
入りは勿論真田広之の映画。俺の中の3大新宿小説の内の1つ。
最高に好き。 

ただ独りで音もなく犯罪者に食らいつく――。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島(さめじま)。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。
犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津(きづ)を執拗に追う。突き止めた工房には、巧妙な罠が鮫島を待ち受けていた! 
絶体絶命の危機を救うのは……。超人気シリーズの輝ける第1作!!
引用元amazon-新宿鮫
続いてはこれ「黄金を抱いて翔べ」 
これは中3の時に、実家で母親が読んでいたので僕も読んだ感じ。 
それから17年の時を経て映画でも、元論見た。  
映画のが好きw
銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ。
大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、大胆不敵な金塊強奪計画。ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは、果して突破可能か?変電所が炎に包まれ、制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされた。
圧倒的な迫力と正確無比なディテイルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。日本推理サスペンス大賞受賞。
引用元amazon-黄金を抱いて翔べ
お次は「双頭の悪魔」 
高校生の時に、仲の良かった先生に薦められ月光ゲーム Yの悲劇'88 孤島パズルと読み3部作目のこの作品でピークをむかえたね。  

娘を連れ戻してほしいのです――山間の過疎地で孤立する芸術家のコミュニティ、木更村に入ったまま戻らないマリアを案じる有馬氏。
要請に応えて英都大学推理小説研究会の面々は四国へ渡る。
かたくなに干渉を拒む木更村住民の態度に業を煮やし、大雨を衝いて潜入を決行。接触に成功して目的を半ば達成したかに思えた矢先、架橋が落ちて木更村は陸の孤島と化す。
芸術家たちと共に進退きわまった江神・マリア、夏森村に足止めされたアリスたち――双方が殺人事件に巻き込まれ、川の両側で真相究明が始まる。
読者への挑戦が三度添えられた、犯人当て(フーダニット)の限界に挑む大作。妙なる本格ミステリの香気、有栖川有栖の真髄ここにあり。
引用元amazon-双頭の悪魔
お次はこれ「キッド・ピストルズの妄想」 
中3位の時にめっちゃパンクに嵌っておりパンク好きの友達にパンクの小説あるぜと紹介された。 
小説読んでるとか今考えると全然パンクじゃないよね。 

パラレル・ワールドの英国を舞台に、パンク探偵キッド・ピストルズが活躍するシリーズの最新作です。魅力的な謎の提出、中段の論理展開、合理的な解決―。
どれをとっても、現代の謎解き推理小説としては頂点を極めた出来。
引用元amazon-キッド・ピストルズの妄想
「ストックホルムの密使」
これは高校生の時にテレビドラマで見て、面白かったので図書館で借りて読んだ思い出。 

イタリアは降伏、ベルリンも陥落した第二次大戦末期、孤立無援の日本では、米軍による本土空襲が激化し、戦局は絶望への道を辿る一方だった。
日本政府はソ連仲介の終戦工作を模索するが、スウェーデンに駐在する海軍武官・大和田市郎は、瀕死の日本にとどめを刺す連合国側の極秘情報を入手した。
日本が滅亡する前に、その情報を軍上層部に伝えるべく、いま二人の密使が放たれた……。
引用元amazon-ストックホルムの密使
続いてはこれ 「笑う山崎」 
専門の時に付き合って子が花村 萬月のファンで家にあり読んだのがきっかけ。
花村 萬月作品の中で一番好き。 

マリーは泣きそうな子供のような顔をした。「なにする!」圧しころした声で言った。「犯しに来た」その一言で、マリーは硬直した。冷酷無比の極道、山崎。
優男ではあるが、特異なカリスマ性を持つ彼が見せる、極限の暴力と、常軌を逸した愛とは!フィリピン女性マリーを妻にしたとき、恐るべき運命が幕を開けた…。
引用元amaozn-笑う山崎
これは最近京極 夏彦に嵌っており読んだ中で一番好きなやつ
「狂骨の夢」
湘南の保養地、逗子で遊民・伊佐間は朱美と名乗る女と出会う。彼女は幻想小説界の大御所・宇多川崇の妻だった。しかも奇怪なことにこれまでに何回も夫を手にかけたという。
あまりに妖しい告白を聞かされた元精神科医の降旗と牧師・白丘は激しく惑乱する。
百鬼夜行シリーズ第3作。
引用元amazon-狂骨の夢
続いてはこれ「パラサイト・イヴ」 
映画がめっちゃ流行っていて、小説から読んだら超面白かったから映画見たら全然ちがくてうけた作品。 

事故で亡くなった愛妻の肝細胞を密かに培養する生化学者・利明。Eve1と名付けられたその細胞は、恐るべき未知の生命体へと変貌し、利明を求めて暴走をはじめる――。
空前絶後の着想と圧倒的迫力に満ちた描写で、読書界を席巻したバイオ・ホラー小説の傑作。
引用元amazon-パラサイトイブ
うんでもって「不夜城」 
無論入りは金城武の映画。これで一気に馳星周の大ファンに。
元論俺の3大新宿小説の1つ。 
 
アジア屈指の大歓楽街――新宿歌舞伎町。
様々な民族が巣喰うこの街で、器用に生き抜いてきた故買屋・劉健一。だが、かつての相棒・呉富春が戻ってきたことから事態は一変した。富春は、上海マフィアのボス元成貴の片腕を殺し逃亡を続けていたのだ。健一は元に呼び戻され、三日以内に富春を連れてこいと脅される。
同じ頃、謎の女が、健一に仕事を依頼してきた。彼女が売りたいと口にした意外なものとは――。
生き残るために嘘と裏切りを重ねる人間たちを濃密な筆致で綴った危険な物語。
引用元amazon-不夜城
疲れたので今回はこの辺でw
続きはまたこのページで更新するかもです。


・おススメ記事↓
不良ダメ絶対!けど読むと面白い不良漫画30選!
真実は小説よりも奇なり!おすすめのノンフィクション漫画♪ 
巨悪は許さん!正義の鉄槌を!おすすめの警察漫画27選 
ブラックジャックからフラジャイルまでおススメの医療漫画25選 
弁護士、検察、裁判所、などなど法律をテーマにした、おすすめの漫画19選