両国にある江島杉山神社に江ノ島の洞窟を模した岩屋があるというので観てきたよ。
image
 両国から徒歩10分程度で到着
image
 早速中へ入っていく
image
 立派な本堂の右横に
image
何やら怪しげな小道
image
 どうやらこの先に岩屋があるようだ。
image
 いわや道を進むと
image
 岩屋発見!ダンジョン感半端ない入口
 image 
岩屋の中もまた神秘的。
慶応2年(1866)に建てられたそうです。
image
中に入ると正面に杉山和一検校の石像が祀られてます。
杉山和一検校は鍼治療法の主流となり世界にも伝わる管鍼術を考案された人だそうで、 目が不自由な自分は、生きる為に何かを成就させねばと芸能の神また盲人の守護神であり、和一が信仰していた江ノ島弁財天の岩屋に籠り断食修行を行い、満願の日、岩屋で石につまづき倒れた時自身に刺さった、枯葉にくるまった松葉から管鍼術の着想を得たと伝えられているです。
その後 5代将軍徳川綱吉が和一を「扶持検校」として召し抱え高齢の杉山和一検校が、江戸から江ノ島弁財天まで月参りしているのを不憫に思い、元禄6年(1693)に当地本所一つ目に3000坪余りの土地を与え、そこに弁財天を分社して祀らせた。
この神社は「一つ目弁天社」と呼ばれたそうで、これが後の江島神社になったそうです。
それで江ノ島の洞窟を模した岩屋があるんだな。
って事で合掌。
image
そして右側には宗像三女神の石像がありました。中央が当社御祭神の市杵島比売命向かって右が多紀理比売命、左が多岐津比売命という順で祀られています。
その下には琵琶を抱えた弁財天がお祀りされているそうです。
って事でこちらも合掌
image
そして左側には、人面蛇身の宇賀神が祀られてます。
image
確かに顔が人で体が蛇だ。
うーん神秘的だわ。
宇賀神は水の神、穀物の神としてまた稲荷神として広く信仰されているそうです。
って事でもちろん合掌

image

 いやー変わった感じのスポットでテンションあがったね♪

洞窟とか穴蔵って謎めいた雰囲気がしていいね。