何でも南柏駅から1キロ離れ場所に刑場跡があるというので観た来たよ。
image
 民家の中を歩いていると
image
今谷刑場跡の石柱を発見
image
どうやらここが今谷刑場跡のようだ。

この刑場で、江戸末期から明治初期にかけて罪人が処刑されていた。

明治12年1月4日に梟首刑が廃止されるまで斬首は続けられていたようだ。

幕末の慶応4年4月4~5人の強盗がこの刑場で打ち首の刑に処せられたそうで、処刑当日は大勢の野次馬が集まり、見物人相手の露店が出たりして賑わっていたらしい。
当時処刑は一大イベントだったようだ。

現在は柏市指定文化財(史跡)に指定されているが、昔は、この地に引っ越してから病気になったとか、幽霊をみるなどの声が多くあった為、昭和46年12月に石碑を建てて霊を慰めるための供養が行われたそうだ。

大正の初期頃までは首切り場用に掘ったとされる穴が、窪地となってその形をとどめていたようだが、現在は道路などがあり跡形などはない。

うーん歴史感じるね柏。