老舗中華屋「奇珍楼」

町中華…

男はそれを我慢できない…

そんな店が横浜にもある…


image

それが奇珍楼…

大正7年頃創業の老舗…

山手駅と石川町の丁度中間にある…

看板には奇珍と書かれているが奇珍楼が正式名所…

image

洒落た外観…

色合い…

英語のフォント…

中華感…

さすがの山手クオリティ…

 image

店内の壁に掛けられてるメニュー…

今まで見たメニュー表の中で一番洒落ている…

image

席の真横では、シューマイが作られている…

ジャッキー映画のワンシーンのようだ…

image

そしてこれが…

焼かれた焼売…

image
 
ビールで頂く…


image

焼売を肴に飲むビール…

脳がとろける…

メルト…

トリップ…

image

竹の子そば…

最高のビジュアル…

完璧な色味…


image
 
麺を頬張る…

Melt……

脳みそ崩壊寸前のうまさ…

image

炒飯…

至高のビジュアル…

image
 
胃へとぶっこむ…

意識が宇宙へ…

ゼログラビティ…

image
 
差し込む午後の日差し…


エビリデー奇珍…