山田孝之の東京都北区赤羽でおなじみの亀ヶ池弁天を観てきたよ
image
 マンションの目の前に亀ヶ池弁天。
昔は赤羽駅の西口一帯が池で亀ヶ池と呼ばれていたそうです。
その池のおかげで稲付城西側の、天然の防御になっていたそうです。

亀ヶ池弁財天の池はその亀ヶ池の名残りといわれていて、中の島に祀られている祠は かつて亀ヶ池の一角にあった物で、中には弁天像が納められているそうです。
image
橋を渡ると
image
あぶないからはいらないの注意書き
ただ昔の言い伝えでは、昼でも薄暗い一角のほこらに無数の亀がすんでいて、特に大亀は甲の周囲が2.4m~2.7mもあり、小さな子供はその上に乗って遊んでいたそうです。
image
なので亀が祀られている模様
image
そして池には今でも亀が
image
いたいた~お亀様ありがたや
image
いやーいい感じの弁天様だな~

てか何で弁天様ってこう神秘的というかいい感じに感じるんだろう。