田町駅から5分程あるいた所に芝浦花街の名残が観れると言うので行って来たよ。
image
 駅からテクテク歩いていると料亭牡丹が見えてくる。
明治時代は花街として料亭でにぎわっていたらしい。
image

 そして牡丹前を曲がって歩いていくと「い奈本」という小料理屋がある。
image
 このお店数年前までは、古びた2階建ての木造建築で明治時代に芸者の置屋として使われていた建物をそのままお店として使っていたのだが、老朽化からか、ビルに建て直してしまったようだ。
image
そこから直ぐの駐車場の奥に今回の目的地「旧協働会館」が見える。
image
このネットがかけれらた古い建物は、昭和11年に芸妓見番として作られた建物なのだとか。
芸妓見番とは置屋の組合のことだそうで、芸者を登録させ、客席に出る芸者の取り次ぎや玉代 (ぎょくだい) の計算などの事務を扱った所なのだそうだ。
その後戦時中に東京都港湾局の所有になり港湾労働者の宿泊施設「協働会館」として使われていたそうです。
image
近くで見るといい感じの雰囲気
image

正面のこの重厚感がたまりませんね。
image

建築計画を見ると、ネットが貼ってあるのは解体するわけじゃなく保存する為のようだ。

image
何やら説明書きが貼ってある。
image
逆サイドからも見てみる。
この角度かっこいいな~
image

 横から見ると結構老朽化が進んでるな~
image
いい感じに修繕してカッコよく保存してほしいですな♪

また何年かしたら観にきてみよっと!