天空橋駅にある謎の大鳥居

image

天空橋駅から弁天橋の方へ歩いて行くと謎の大鳥居がある。 この鳥居は祟りがある羽田の大鳥として有名で都市伝説の一つのようだ。 もともとは現在の羽田空港があった場所にあった穴守稲荷神社の門前にあった赤鳥居で、戦後間もない1945年(昭和20年)9月21日、羽田空港を軍事基地として拡張するためGHQにより、住民ともども強制退去を迫られることになり穴守稲荷神社が現在の場所へ移転する事になった。 その移転のさいに門前の赤鳥居にロープをかけて倒そうとしたところ、ロープが切れて作業員たちに死傷者が出てしまいだけは撤去できず、その後も何度か取り壊しや移転案も出たのだが、その度に移転の工事関係者が事故にあったり原因不明の病気になったりと、赤鳥居は“祟る”と言われそのまま空港の更地(駐車場)に残され続けた。
その後1990年代に入り撤去案が出たが地元住民などの要望で、1999年に約800m離れた場所に移転される事になりました。費用は住民の集めた募金(約2,000万円)があてられたそうです。 
その99年の移転のさいも一部の噂話では「平成の鳥居の移転のとき、作業を受け持った下請けの社長が死んだ」という話が語られているそうだが、これは事実ではないそうだ。
image
天空橋駅からだと徒歩2分程。
今回は穴守稲荷神社から徒歩5分、弁天橋を渡るとそこに大鳥居はあった。
鳥居には平和の文字が書かれておりこれは、多摩川河口は東京大空襲で大量の死体が流れ着いた場所だそうで、彼らの鎮魂なのだとか。
image

鳥居の由来などが鳥居の下に描かれている
image
鳥居をくぐって奥へ行くと
image

何やら広場がある
image

そこには戦後48時間のうち強制退去させれらた人々の絵など描かれている。
image

中は広場になっている
image
なにやら看板を発見。
またこの辺りの説明かと思いきや
image
多摩川八景の紹介wいいね。
image
左側は羽田空港で飛行機が良く見える
image
さて帰ろうかなと戻りがてら
image
海側を見てみると謎の小屋を発見。
何だろう?とむかってみる事に
image
階段を登ってみると
image
お堂のような物がある。
image
五十間鼻無縁仏堂と書いてある説明書きを読むと創建年代は、不明でありますが、多摩川、又、関東大震災、先の第二次世界大戦の、昭和二十年三月十日の東京大空襲の折には、かなりの数の水難者が漂着致しました。その方々を、お祀りしていると言われております。と書かれている。
image
お堂でお祀りし合掌していると鋭い視線を感じた…その視線の先には
image
おおなんて可愛らしい♪お人形が…
何だかとっても神秘的。
image
うーんなんだが心安らぐ不思議なスポットだぜ。

今度は坊やを連れて飛行機を見にこよっと♪