西台にある梵寿綱建築「ルボワ平喜」を見てきたよ


以前池袋の梵寿綱建築「ルボワ平喜」に行ったのだが、東京は高島平に同じ名称の梵寿綱建築があるそうなので見てきたよ。

過去の梵寿綱建築記事 

日本のガウディこと梵寿綱の建築「ドラード早稲田」を見てきたよ♪  
池袋にある梵寿綱建築「ヴェッセル:輝く器」を観てきたよってお話し♪  
梵寿綱池袋編 第二弾!ルボワ平喜こと「斐禮祈:賢者の石」が衝撃的たっだお話し♪  
代田橋にある梵寿綱建築「ラポルタ和泉」を観てきたよってお話し♪  
梵寿綱シリーズ!代田橋にあるマインド和亜を観てきたよってお話し♪  
池袋3つ目の梵寿綱建築「PETTI ETANG」を見てきたよ♪ 

image 
駅から歩く事数分それらしきマンションが見えてきた。
梵寿綱建築にしては普通な感じだな~と思った次の瞬間ハッとしてグーな事に気が付かされた。
image
 おわかり頂けるだろうか!巨大な親指が天上をぶち破りそりたっているのだ。
素晴らしい!の一言なのである。
image

近づいてみるとエントランスはレンガ造りと激渋。
image

上に「秘羅禧 」の文字が、確か池袋は「斐禮祈」だったな~と調べてみた所、地図上は両方ともルボワ平喜だが作品名は秘羅禧 鎮守の杜と斐禮祈 賢者の石なのだとか。
両方とも酒屋の平喜屋が入っている為、同名のマンション名になっているようだ。
いわば兄弟マンションで40年程前に建てられたこちらのが、兄的存在のようだ。
image

 脇には斬新な水を吐き出す魚人のオブジェ。
image
 中に入ると
image
吹き抜けのつくりになっており
image
 ステンドグラスからの木漏れ日が美しい
image
 そして巨大な鏡
image
 裏側は階段になっている。
image
 奥へ進むと
image
 エレベーターがあり、描かれている絵がめっちゃおしゃれ。
image
 そのまま裏口から外へ出て裏側へまわる
image
 良く見ると壁のレリーフも芸術的。
image
ぐるっとまわって入り口に戻ると
image
 親指がまたハッとしてグーーーーーーーー!
いいね♪