取手のさざえ堂 長禅寺三世堂を見てきた

image

巣鴨や夢かなうぶんぶん堂など近年に造られた物や再建された物を覗くと全国に5煉程度しかないと言われている「さざえ堂」の形式のお堂が取手にあり、普段を内部は見れないのだが、一年に一度4月18日に内部特別公開をしているそうなので見てきたよ。

さざえ堂とは!?

江戸時代後期の東北~関東地方に見られた特異な建築様式の仏堂で、観音札所(西国、坂東、秩父)の百観音百体が三階の堂に納められており堂内を進むだけで巡礼が叶うような構造になっている。そして最大の特徴は一度も同じ場所を通らずに1階から3階までの全ての観音像を拝観できる所にある。また本来は三匝堂というのだが、螺旋構造や外観がサザエに似ていることから「栄螺堂」「サザエ堂」「さざえ堂」と呼ばれている。中でも会津のさざえ堂「円通三匝堂」は見るものを圧倒し人気がある。

image
駅から歴史的情緒のある小道を進んで行くと
image
数分して歴史を感じる酒屋が出てきたらそのちょっと先に
image

長禅寺はある。
到着すると年に一度の御開帳の文字が!
以前に銚子の満願寺がさざえ堂だとみた事があるが本格的なさざえ堂は、初めてなのでわくわくが抑えきれないぜ。
image
階段を登り門を潜るとそこには!!
image
憧れのさざえ堂「長禅寺三世堂」がある。
三世堂は外観は二階建てだが内部は三階建てになっており堂内は、上り専用の階段と下り専用の階段があり、順路に沿って進むと、人の流れが途中で交差することなく一巡できる「さざえ堂様式」。
image
お堂の脇に説明書きがあるので見てみる。
image

ふむふむなるほどなるほど。
image
さー早速中へレッツゴー!
image
中へはいると沢山の観音様が並んでいる。
image
 順々に観音様を見て行く。
image
そして左回りでぐるっと観音様を拝観しながら進んで行く
image
 沢山の観音様を一気に拝めてありがたい。
image
 そして階段をのぼり二階へ
image
 丸窓から光が差し込み神秘的
image
 一階を同じような造り
image
 そしてまたぐるっとまわって上へ
image
 観音様をみてぐるっと回って
image
 進んで行くと
image
 三階の窓からは外の景色が観れる
image
 丁度花が見えて綺麗。
image
 一年に一度しか見れない景色ありがたい。
image
 いい感じの景色だな~と和んだら
image
 下りの階段で降りていくと
image
 一階まで降りるとスタート地点の脇に出る。
image
 折角なので外に出て横からの構図もパシャリ!
image
 そして帰路へ!
いやー良い物みれたな~。
今度は会津のやつ観に行ってみたいな♪