運航100年以上!取手にある小堀の渡し

松戸に有名な矢切の渡しがあるが、取手にも小堀の渡しがあるのだとか。
何でも100年程昔に取手付近の利根川を真っ直ぐにするための大改修工事が行われ、、この工事により、取手側に位置していた小堀地区は、川の反対側に分断されてしまたそうで、生活に不便を感じた住民が大正3年に飛び地をつなぐ渡し船を小堀の渡しを始めたのだとか。
これは面白そうだなと、取手本陣に寄った帰りについでに行ってみる事に。
image
 八坂神社の手前の道を土手の方へと進んで行く
image
 てか八坂神社の狛犬かっこいいな~
image
土手に着くと案内看板を発見。
image
 てか壮大過ぎて何処に船着き場があるのか、わからね~w
image
 とりあえず駐車場の方に歩いて行くと看板を発見
image
 そのまま川の方へ行ってみるとバス停のような小屋を発見
image
 どうやらここが待合室のようだ。
時刻表を確認する。あと10分程で出発の時間だ。
image
 川の方を見ると船着き場を発見
image
 次の瞬間船が現れた。
image
 船が停車したので待っていると運転手のおじちゃんが近づいてきて「乗るの~?」と聞かれたので、説明を聴き隣の場所まで乗せてもらう事に。
image
200円を払い船へ乗る
image
船は外と 
image
 中と座る場所がある
image
 ちょっと中を散策
image
 窓から外が見える。
今回は天気も良いし外に座る事に
image
時間になり出発!
image
天気も良いし気持ちいいね~
image
役7分程で隣の船着き場へ。この次に対岸にある小堀まで行くし楽しくなってもう少し乗っていたかったが、行くとまた最初に乗った所まで戻らないと駅が遠いのでやはり降りる事に。
image
おじちゃんに挨拶をして降りる
image
架け橋で土手を登ると
image

丁度線路の下に出る。

ふふふ歩いて数分の距離を船で渡るとか無駄だけど無駄に楽しかったなw
今度は坊やを連れて乗りにこよっと。