銚子にある謎の巨大コンクリート像

先日、銚子のちょぼくり稲荷を見た後、近くの民家の中に謎の巨大な仏像があるという。
小さい頃に銚子に住んでた時に見た事があった気がしてネットの情報と記憶を頼りに行ってみる事に。 

image
それは、民家の中を歩いていると突如現れた。
image
近づいてみると何の変哲も無い家の前にまるで門のように立ちそびえている
image
さらに近づいてみるかなりでかい。
どうやら某宗教の研究施設のようだ。
なるほどそれでこんな立派な仏像が立ち並んでいるのか!
image
そしてこの像こちらが「元法大権現像」といってここのオリジナルの神様らしい
image

 もう一つの像は「魚籃観世音像」だ。
二つの像は、地元の一谷良雄さんという人が昭和42年に建てた像で稲葉豊和編著の『とっておき、銚子散歩 改訂版』によると「長崎の巨大像」という作品名らしい。

image
そして脇にはかわいらしいお坊さんの仏像もある
image
いやー何か良いものみたぜ。
てか銚子ってこういう感じがスタンダードな所がいいよね♪