銚子鉄道の仲ノ町車庫を見学してきた


image
 先日、幼いころ住んでいた銚子へ帰郷。
坊やが銚子電鉄を見たいと言っていたのだが一時間に1本程度しかこないので、隣の仲ノ町駅まで仲ノ町車庫を見に歩いて行く事に
image
距離にしておよそ500メートル位かなテクテクと歩いて行くと
BlogPaint
ヤマサの醤油工場と銚子電鉄が見えてきた。
image
この仲ノ町駅は入場券を買うと併設している銚子鉄道の車庫を見学できるのだ。
image
駅の中を見学したらいざ入場券を買い車庫へ
image
車庫はこんな感じ
image
車庫の手前で鉄道グッツが販売されている。
BlogPaint
停車している列車も見学できる。
坊やが丸ノ内線があるよと奥の方の赤と白の丸ノ内線カラーの銚子電鉄を発見。
image
駅の脇に『桃太郎電鉄』シリーズの協賛企画「しあわせ三像」のうち「貧乏がサル(去る)」像も発見


image
奥に見えるヤマサの工場は昔仲ノ町駅構内から専用線が延びていたそうで、工場見学をすると当時工場まで走っていた日本に現存する最古のディーゼル機関車「山ざくら号」が展示されており見れるらしい。興味はあったが今回はスルーして隣の観音駅へ向かう事に。

車庫なかなか楽しかったな♪