松戸の養老伝説「子和清水」

松戸の常盤平に子和清水という養老伝説の地があるというので見てきたよ。

子和清水とは、昔酒好きな老人が貧しい暮らしなのに、外から帰るといつも酒に酔っていてその姿を見た息子が金もないのにおかしいと思い、父のあとをつけてみると湧き出る泉を手ですくって、「ああ、うまい酒だ」と言って飲んでいた。 父の去ったあと息子が飲んでみるとただの清水だった。この話を聞いた人々が「親は古酒、子は清水」というようになった。

というお話しです。
その泉が松戸の常盤平にあったそうで、昭和30年頃までは湧き出ていたが周辺開発によって枯れてしまい今は地下水をくみ上げて作られた泉があるのだとか。

image
常盤平駅から10分ほど歩くと道路の真ん中に三角地帯のような場所を発見。

image 
中を覗くと何やら泉のような物が、どうやらここが伝説の地のようだ。
image
養老伝説の地「子和清水」と書かれた岩を発見
image 
正式名は子和清水1号緑地と言うようだ
image
おっポンプ!
image 
バシャー
image
おっ何やら人の背後が!!
image
子和清水の像だ!息子を表現しているようだ。
image 
その先には水が流れる道が…
調べてみると昔はこの先一面が池になっていたようだ。
しかし今は
image 
すごく小さくされた泉が地下からくみ上げられた水で湧き上がり垂れ流されすぐ地下へ落ちまた湧き上がる永久機関状態になっていた。

なんで規模縮小したんだろ?

てかこれ飲んだらダメぜったいww

てかそういえば昔