東京の九龍城と呼ばれる代々木会館

傷だらけの天使のロケ地としてエンジェルビルの名で愛される「代々木会館」。
image

今や一階の店舗以外は、ほとんど機能しておらず、老朽化が進み一見廃墟のような状態になっておりその異様な雰囲気から東京の九龍城などとも呼ばれているとか。
そんな代々木会館も一部入れる場所があるというので、行って来たよ。
image
隣接したとなりの敷地へは立ち入り禁止状態
image

二階の窓など割れている箇所などもある。
image

現在一階で営業している「きぬちゃん食堂」激安店として有名なお店。
image
そして「きぬちゃん食堂」の系列店の名前の無いお寿司屋さん。
こちらは元々ビルの通路だった場所がお店となっている。
1貫10円のお寿司などで有名なお店だ。
以前行った時の記事→寿司1貫10円!!代々木にある名前の無い寿司屋で寿司を食ってきたお話し♪ 

image
ビルを見上げると、うなぎ屋など今はやっていないお店の看板がそのままになっている。
image

そしてこのビルの上に行くための入り口はこちら「2階飲食店街」とかかれた場所から中に入る。
昔はきぬちゃん食堂のあるフロアにエレベーターなどがあったようだが今は使われていないらしいので今はここからしか上にいけないっぽい。
image
良く見ると扉には書店と書かれている。今はもうビルの2階から上はこの書店しか営業してないのだとか。
image
中に入り階段を昇ると踊り場には昔の看板がそのまま残っている。

image
しかし2階にたどりつくと扉は閉ざされており、さらにはドアノブが破壊され開けれなくなっている。
私が学生だった20年前は、まだ入れてラーメンを良く食べた記憶がある。
image
さらに上にのぼると先ほどの入り口の本屋さんの看板が見える

image
階段は大量の本で占領されている。

image
その奥にお店がある。

image
ここより上は本や荷物が邪魔をして勧めなくなっている。
過去には、これより上に行こうとして不法侵入などで捕まった人もいるとかいないとか…

とりあえずこれ以上は行けないので、本屋さんによって帰る事に。

中国系の本屋さんなので中国切手の本を探したが本の量が膨大すぎて見つからずでした…