我孫子の布佐にある廃寺 観音院

布佐駅から徒歩10分程の所に昔あったと言われる観音院。
今は廃寺となり跡地には自治会の集会所があるのだが、そこにいくつかのお堂が残っており、男性の神様が沢山祀られているというので見てきたよ。

image
駅から歩いていると、沢山のバスの停留所の看板を発見

image
その向かいの広場のような所に数基のお堂を発見。どうやらここが噂の現場のようだ。

image
近づいて左から確認していく。
image
稚児大師堂と書かれている。
稚児大師と言えば弘法大師の幼いときのお姿。
image

その為なのか稚児大師様が遊べるようにとお人形が祀られている
image
年季がかなり入っていて少し怖いな…
image
稚児大師にお参りしたらとなりの観音堂にもお参りし一番右のお堂を確認
image
近づくと大師堂と石神堂の2つにわかれており石神堂はすりガラスで中が見えづらくなっている。
image

隙間から中を覗くと男性の神様が、まるで涅槃仏のようにゴロゴロと横たわってらっしゃる。

image
さらに目を凝らして中を覗くと沢山の神様が祀られている

image
右に

image
左にと10数体は祀られているようだ。
とりあえずここでも安産成就を願いお参りしたら境内を散策
image
お堂の裏には数体の石仏が残っている。
image

さてとバスに乗って帰るかな…