我孫子にある子之神大黒天延寿院

我孫子にある子之神大黒天延寿院に大黒様が沢山祀られているお堂と金のわらじと性神のオブジェがあるというので見てきたよ。

image
駅から我孫子駅から徒歩20分程度急な石段を登ると
image
子之神大黒天延寿院の入り口へ到着
image
中へ入り奥へと進む
image

本堂の脇へと行くと

image
金のわらじを発見

image
金のわらじは「かねのわらじ」と読み常に諸病を除去し、一切の願いを叶えるとされ、特に腰下の疾患にはご利益があるとの事また人生の長い道のりがつらく厳しくとも擦り切れることなく目的を達成できるよう本尊子之神さまに願かけをしているのだとか。
因みに毎年10月の第4日曜日に柴燈護摩(さいとうごま)火渡りが行われるのだとか柴燈護摩(さいとうごま)火渡りは、山伏姿の僧侶がお経を唱え、法螺貝を吹き乍ら入場し、薪を組みあげて柴をたき、交通安全、病気平癒、厄災消除等を祈念して古い御札や護摩木を燃やし、まだ火が残っている所を山伏、信徒、参拝者の順に裸足で渡り歩くのだとか。  
image
続いて境内にある大黒堂へと行こうとする途中に
image
謎のオブジェを発見。一説によるとこちらのオブジェ男女の和合をイメージしている性神だとかで子宝・子授けのご利益があるとかないとか。うーん神秘的

image
そしてこちら大黒堂「子之神大黒天」という名前の由来となった小堂だとかでその中には

image
沢山の大黒様が所狭しと祀られている。
めっちゃご利益ありそうなのでお賽銭をいれて合掌!
良い物みれたなって事で帰路へ
image
階段を下りながら見下ろす手賀沼の景色が絶景だな♪

素敵な所だね子之神大黒天延寿院。