柏の手賀沼脇にある着水井と北千葉導水ビジターセンター

柏市の手賀沼脇にある北千葉導水ビジターセンターの廃れっぷりが凄まじいが、めちゃめちゃ面白い場所だと聞いて観てきたよ。

image 
柏駅から手賀沼の方へ30分程歩いて行くと謎の施設が見えてくる。
image
そうここが北千葉導水ビジターセンターだ。
案内看板はかなり年季が入っている。
image
ゲートを越えて奥へと進んで行くと
image
着水井へと繋がる注水樋管ゲートがある。
image
このゲートから手賀沼の水を出し入れしているのだとか

image
そしてそのゲートの先が着水井。
着水井は利根川から導かれた水が、一旦集められる巨大貯水池で、手賀沼へ注ぐ分と江戸川に送られる分を分ける施設なのだとか。

image
説明を観る。

image
ほうほう

image
ふむふむ

image
なるほどね~

image
着水井を覗くを今日は動いてないようだ。
写真で見るとバシャバシャと水が流れてるんだけどな…時間帯とかあるのかな?

image
水が流れてたら迫力あってかっこいんだろうな。
image
あそこの凸凹の所の先にポンプがあって普段は水を吸引しているって書いてあったな。
うーん何かいいね。楽しくなってきたぜ。
image

着水井を楽しんだらいよいよ今日の本丸「北千葉導水ビジターセンター」へ向かう。

image
階段を登り

image
着水井を眺め

image
いざ北千葉導水ビジターセンターへ

image
薄暗い入口…本当にやっているのかな??

image
入り口の予定を確認。
やっているようだ。そして昔は案内の人がいたが、平成23年4月1日より受付・案内員の常駐をとりやめ、警備員のみ常駐となっている為、見学については、自由見学なのだそうだ。
image
中へ入ると
image
受け付けはあるが無人。
ただし団体で予約すると案内の人と受付の人がいるそうだ。
image
そして防犯カメラを猛プッシュ
image

とりあえずパンフレットをゲット。

image
そして館内を観て回る
image
なにやら巨大な地図を発見

image
ボタンを押すと何やら動くしくみのようだが…

image
故障中…

image
そして他のボタンは広報員専用…って無人じゃん…

image
そして謎のシアター施設

image
こちらも団体で予約しないと見れないようだ…

image
そしてその脇に牛丼1杯をつくるのに必要な水の量は?という謎の質問が!
image
そして正解は圧巻の1887リットル!おおすぎ!!!!!!!!!!!!!
image
そしてこういった施設定番のスタンプ。
image
ゲット!!!!!

image
そして謎の展示物からの
image
ポンプの説明。

image
これはボタンは生きているようだ。
image
そしてその脇から1階を眺めれるようになっており

image
観てみると巨大なポンプが。
このポンプとさらに地下の施設は団体で予約すると見れるらしい。
観たいな~今度団体でこよっと。てか団体ってなんだよw
image
しかし団体で来れない人はこの模型で構造を確認出来る。
image
そして何やらタッチパネルがあるので触ってみると、「ピッ」と音が鳴ったが
image
無反応…どうやら壊れているようだ。
image
そしてその脇に閲覧自由の謎の資料が
image
何やら重要なデータが書かれてるのかなと見てみると
image

ダムのパンフレットが…どうやら日本全国のダムのパンフレットが見れるようだ。最高!

image
そして定番のメッセージボード。
なぜメッセージボードを人は置きたがるのだろうか…謎だ。

image
そして順路にそって奥へと行くと

image
ここで初めて一人の人と遭遇。
館内の人っぽかったので声をかけたら警備員さんだった。
そして窓から外を眺めながら色々と教えてくれた。

image
何でも普段は365日24時間水をポンプで吸って手賀沼と江戸川に循環させているらしいのだが、この日は前日の大雨の影響でポンプを止めているのだとか。
水が動いてる所見れなくて残念だね~と言われ、その後色々と教えてくれた。
このポンプで水を循環させている事で水質が改善され全国ワースト1位から7位になった事や、外の水路の脇に鮭が来るようになった事や鮭を勝手に捕ると警察に捕まるかもしれないという話や、うなぎに鮎やイワナも釣れるようなっている事、さらには水質は改善しているのだが東日本大震災の影響でセシウムだが何だかが、ヘドロに沈殿しており基準値を超えている為、折角色々な生物が捕れるのだが、製品として出荷できず漁協が困っている話や、ワースト1位の印旛沼の生物は、水質が悪くても放射能は平気なので佃煮になって売られている事など、嘘か誠かわからないが社会派な話しを沢山してくれた。
image
そして注水樋管ゲートの脇は釣りの良いスポットで、手賀沼の他の場所で釣りをしていると手賀沼の漁協の人が巡回をしており、釣りの入漁料として500円を徴収されるそうなのだが、注水樋管ゲート脇は土地の管轄が国土交通省なので漁協の管轄外なので500円が徴収されないそうだ。
また釣りの入漁料がかかる事を知らない人が多く釣りをしてて急に徴収されてトラブルになるケースも多いというこれまた社会派な話をしてくれた。
そして確かに沢山の釣り人が注水樋管ゲートの脇に確認出来る。
image

その後明治時代の航路図の説明をしてくれた。
image

こうしてみると川を使って色々な所に行けたんだな~楽しそうだぜ。
ここで「でわ3階を観に行きますね」と警備員さんに別れを告げると「3階はエアコン効いてないし、大したものは置いてないよ」と一言いわれお別れした。
いろいろ楽しい話が聞けて良かったな。
image
階段を登り3階へ行く。
image
バリアフリーもしっかり完備されている。
大した物置いてないって言ってたけど金かけてるな。
image

3階は基本手賀沼の情報が展示されており手賀沼が眺められる感じだ。
image

順路を進んで行くと
image
データライブラリーという謎の個室が…
image
1と2と何も置いてない…データどうやってライブラリーするんだろ?
image
しかし3番目の個室を覗いたらPCを発見!!おお!データライブラリーや!!

image
って調整中…ほとんどのアトラクション壊れてるな…
image

そして謎のビジネスフォン
image

いやー確かに廃れてたけど、めちゃめちゃ楽しかったな。

地下のポンプの見学したかったなー

団体だと見れるって書いてあったから調べたけど何人から団体とか書いてないんだよな…
とりあえず6人位で応募用紙をだしてみよっと。