柏祭りの「柏ねぶた」


何でも柏祭りで青森ねぶたが見れるらしいとの事で調べてみたら、柏ねぶたと言って1994年から青森県の柏村との縁から青森ねぶたの柏運行を行っているのだとか。
もともと一回こっきりの話だったようだが市民からの強い要望で現在まで運行していのだとか。

柏ねぶたの製作者は本場青森ねぶた祭のねぶた師でねぶた名人の1人、五代目ねぶた名人の千葉作龍氏の作品。 柏西口市街地の道路幅に合わせ本場の物より若干小さ目らしいがその迫力は本物との事。

ぼんやり柏祭りでねぶたをやっているのは知ってたが、適当にパロッた物だと思って観た事なかったが、こんなに本格的なら観てみたいなって事で観に行く事に。
image
5時過ぎからという事で西口に行ってみるとロータリーの奥にねぶたらしき物を発見
image
近づいて「ねぶた」を確認。
先頭にスヌーピーのねぶたが見える。これは子供ねぶたと言って、その年人気のキャラクターや、その年の時事を反映した「ねぶた」だそうで、地元のフリースクールである「ゆうび小さな学園」の生徒たちが制作しているのだとか。
image
しばらくしてスヌーピーを先頭にパレードが始まった。
image
スヌーピーの後は大型の「ねぶた」が姿を現した。
image
一台二台と姿を現し
image
3台目も登場。
柏ねぶたは、本場の青森と違い台数は少なくこの子供ねぶたを入れた計4台のようだ。
image
顔が沢山ww雨の為かビニールシートで覆われている。
折角なので下に降りて近くで見る事に
image
近くでみると結構でかいな!
image
安倍晴明
image
平将門
image
新作ねぶた「香取の神経津主の命、鹿島の神武甕雷の命」
柏周辺は、古代「香取の海」と呼ばれた大きな内海の地域にあり、内海の入口にある香取神宮 を崇敬する氏族の影響を大きく受けていたことが地理的条件から感じられます。 フツヌシは古代語で「フツ」と物を斬る音を表し、かつ、イザナギが息子カグヅチを斬った時 に生まれた神イワサクの子孫であるとされ、刀の神であるとも言われています。 加えて、香取の地名は「楫取(カジトリ)」といい、古くは水運に関係する氏族が居住して居 たことをうかがわせ、舟に乗った神事も行われ、古代の記憶を漂わせています。
引用元柏ねぶた-活動報告


image
うーん迫力!!
もうちょっと暗くなったらいい感じなんだろうと思ったが雨が強くなってしまったので、暗がりのねぶたは観ずに撤退。
うーん暗闇に照らし出すねぶた観たかったな。
てか調べてみると結構関東でねぶたが見れるお祭りがあるのね。
つくばとかもやってるみたいだし観に行ってみよっと。

てか本場のねぶた観に行きたくなってきたぜ。