南千住にある円通寺

先日所用で南千住に行ったさい突如巨大な物体が視界に入ってきた。

image
おお!あれは何だと近づいて見ると

image
そこは円通寺というお寺だった。
image
うーん凄い!めっちゃでかい黄金観音様だ!!!!!
image
てっきり怪しい宗教系の施設かと思ったが史跡などもある由緒あるお寺のようだ。
image
まず目に入ってきのがこの黒い門。
image
この黒門は上野戦争で激戦となった寛永寺の黒門を移築したもので近くで見ると銃弾の跡が生々しくのこっている。
あちこちに穴があいてて戦争の激しさが伝わってくるな
image
そして門の裏には沢山のお墓がある
image
これは彰義隊の戦死者達のお墓で文化財として保存されている。
image
うーん何かちょっとこの前まで日本も内戦してたと思うと平和ってありがてーな
image

そして彰義隊の墓の向かいには小塚原の地名の元になった禍々しい四十八首塚がある。
これは源義家が奥州を鎮圧した時に、48人の賊首を埋めて供養したものとされている。
image

そしてその脇に生えている松と奥に見える塔は
image
徳川家光が鷹狩りの際に放した鷹が止まったとされる鷹見の松と荒川区最古の文献が記されている七重の塔で荒川区指定有形文化財なのだとか
image
さらに!!!このお地蔵さまは1963年3月31日台東区下谷で誘拐され殺害された「村越吉展」ちゃん(当時4歳)の供養の為、建立されたもの。
何でも村越吉展ちゃんの遺体がこの寺の彰義隊の墓の下に犯人によって埋められていたのだとか…
むごい事をするな
image

そんな悲惨な事がおきたこの地をこの黄金観音さまが見守っていてくれているようだ。
image
そして建物の奥に

image
結構パンチの効いた仁王像を発見。
コミカルな感じで和むな

image
そして建物に入って直ぐの所にはミニ黄金像が
うーん何かシュール
image
いやー何かすげー楽しかったな

image
そして振り向けばやつがいる

うーんシュールだな。