台東区橋場の松吟寺 にある「お化け地蔵」

先日、玉姫公園へ行ったさいに、近くの住宅街の中にお化け地蔵という巨大なお地蔵様がいるというので見て来たよ。
 image 
住宅街をうろうろと歩いていると
image
 何やら壁の奥におおきなお地蔵様を発見
image
 壁の中には巨大なお地蔵様と石碑がある。
どうやらこれがお化け地蔵のようだ。
地蔵様の隣の家は一見民家っぽいが松吟寺というお寺のようだ。
image
 近くでみるとかなりでかい!!
「お化け地蔵」の名の由来は、かつて大きな笠をかぶり、その笠が向きをかえたから、あるいは高さ3メートル余りの並はずれて大きいからなど、いくつかの伝承があのだとか。
何だか不気味だな…

image
もともとこの辺りは、室町時代以来、禅宗の名刹総泉寺の境内地だったそうで、明治40年刊「東京名所図会」によると
お化け地蔵は総泉寺入口にあったそうだ。
しかし総泉寺は、昭和4年板橋区へ移転しており地蔵だけこの場所に残された為、民家の中に埋もれるような形で鎮座しているようだ。

夜見たら確かに不気味でお化けっぽいな…しかし昼間みるとおだやかな顔してるな。

何にしてもこんな大きなお地蔵様は珍しいな。

良いもの見たぜ。