まねき猫の発祥の地「今戸神社」

招き猫の由来にはいくつかの説があり東京に3つの発祥の地がある。
以前発祥の地の内の一つ世田谷の豪徳寺に行った事があるので、今回は浅草の「今戸神社」に行ってみる事に。

豪徳寺の記事はこちら→招き猫発祥の地!世田谷の豪徳寺に行って来たお話し♪ 


image 
浅草駅から言問橋の方へ歩いてく事10分ほど今戸神社へ到着。

その昔浅草花川戸に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして浅草寺境内三社権現の鳥居横で売ったところ、たちまち評判になったという。 これが招き猫の発祥の由来と言われいるのだとか。

image
早速入口の看板に招き猫の絵を発見。
image
鳥居の脇にも絵が描かれている。
招き猫発祥の地として以外にも沖田総司終焉の地として有名のようだ。

image
おちろん絵馬は招き猫の絵
image
しかし石碑には何故か犬…

image
奥へ進んで行くと

image
本堂脇には沢山の猫の置物が

image
猫の置物だが招き猫では無いんだな…
そういえば豪徳寺は鬼のように招き猫があったな~
image
あと何故かカエルも発見
image
本堂の逆側の脇には石で出来た招き猫を発見
image

本堂の中には巨大な招き猫が手前に2匹
image

良く見ると後ろにさらに巨大な招き猫が2匹!2m位ありそうだな。
image

中々楽しかったな♪

でかい招き猫見れてよかったな。

けど思ったより招き猫少なかったな…