浅草にある待乳山聖天

聖天と言えば歓喜天。除災・富貴・夫婦和合・子宝の功徳ある神として民間信仰が盛んな歓喜天様には 二股大根などを供える事が有名で待乳山聖天も大根をお供えする事が有名。
しかし今回の目当ては大根では無くモノレール!
この寺院は待乳山という山にある為、階段が結構急な為、足腰が弱い人の為にモノレールが設置されているのだとか。
そのモノレールが日本一短いだとか都内一短いだとか話題になっているくらい超絶短いモノレールなのだとか!!いったいどういう物なのか観てきたよ。
image
浅草から徒歩5分程で到着
image

階段を登り境内へ
image

階段に大根と巾着の絵が沢山描かれている。

image
もちろん提灯にも二股の大根の絵。
下半身が絡み合ったオマージュのようにも見えるが大根は歓喜天様の好物なのだ。
image
そして巾着は単体の歓喜天像は手に巾着袋に持っているため図案化されているのだとか。
image
途中お供え物の大根が売られている。
image
さて最後の階段が見え本堂が見えてきたぞ…いったいモノレールなんてほんとあるのかなと思った時
image
階段の脇の方に目をやると道を発見
image
近づいて見るとさくれレールの文字を発見!
image
奥へと進むと押しボタンを発見!
image
下を覗くとモノレールを発見。どうやらここは途中の駅のようだ。下の駅へは高さだと3メートル位かな?
image

頂上の駅へも高さだと3メートル位かな!?確かに短いな!!

image
ボタンを押すとモノレールが動きだし到着

image
中に乗りボタンを押すと上へと出発
image
ものの数秒で到着!!みじかっ!!
けど足腰が弱い人や子連れの人には助かるねこれ!
さすが寺院優しい配慮だな。
image
降りると目の前には本堂が
image
途中大根がビニール袋に入って置かれていた。
これはお供えした大根を無駄にしない為に持ち帰れるようにしているのだとか。
お土産に持って帰ろうかしら…
image
本堂にお参りをしたらまたモノレールで戻ろうかなと思ったら
image
何やら裏口に天狗坂という物を発見!
image
開放致しました!と書かれている所をみると今までは通れなかったのかな?これはレアな道なのではと天狗坂を下りて帰る事に
image
これは…
image
うん…特になんかあれがあるわけでもない普通の階段なのね…

けどモノレール面白かったな。