青山にある岡本太郎記念館

先日、岡本太郎記念館企画展「岡本太郎の東北」を観に岡本太郎記念館に行って来たよ。 image 
岡本太郎記念館は青山にある元岡本太郎のアトリエ兼住居で84歳で亡くなる1996年まで居住していた場所だ。
image
早速中へ入る
image
 チケットを購入したらまず庭から見る事に
image
庭には太郎氏の作品が所狭しと置かれている。
image
何かを見上げているその先には
image
太陽の塔。可愛い。てか太陽の塔って生命体だったのね…
image

 こうやってみると、ジブリっぽいな

image
庭を楽しんだら館内へ

image 
オブジェとガチャガチャがお出迎え
image
案内図を見て
image
アトリエの方から見てみる事に
image
 先程の庭が部屋の中から見える。
これはこれでまたお洒落
image
 そして岡本太郎氏が!!!!
image
めっちゃ良く出来てるな。
image
部屋中に所狭しと作品が置かれている。
こやってみるとめちゃくちゃお洒落だな。
image
そしてさらに奥の部屋に行くと
image
 そこはアトリエ。
image
 ここで作品が作られていたのか。
てかアトリエもお洒落だな。
岡本太郎ってめちゃくちゃお洒落なんだな。
image
 続いて2階へとむかう
image
2階では岡本太郎の東北の写真が飾られている。
1957と1962年に日本文化の源流を求めて東北へと旅立った際に撮った写真で、この時に出会ったなまはげやイタコに男鹿などの古来から伝わる日本の文化に凄く影響をふけたようで、その後の岡本太郎の進路を決定づけたのだとか
image
 色々な昔の日本の写真がありとても楽しい。
image
てかこの写真見た事あるな、岡本太郎がとった写真だったんだ。
しらないうちに、作品が目に触れてるなんてやっぱすげーな…
image
これとかも不思議な感じ
日本ってより原住民って感じだな
image
そしてさらに奥へ
image
この部屋でも東北の写真が展示されていた。
image
どれも刺激的でエキゾチックだな
image
特にこの恐山の写真とかすげーな…
ネットが無くあまり情報が無い戦後すぐの時代に、生でこういった物を見るってすげー刺激的だったんだろーな。
image
いやーやっぱ一流の芸術家は凡人の俺とは全然違うな
image
せっかく来たし下のミュージアムショップでお土産を買って帰るかな。
image
いやーめちゃめちゃ面白かったな。

圧倒的な力の差を感じさせられたな…

何者かになるってやっぱ凄い事なんだな…芸術家って適当にやってるんじゃないんだな。


自分がほとほと凡人だなと痛感したぜ。