屋台ラーメン とんこつ貴生 松戸店

漢の為のラーメン…

それは…

美味い不味いでは無く中毒性のある背脂チャッチャッ…

とろとろのホルモン…

最高に下品で…

最高に濃い…

男はそれを我慢できない…

そんなラーメン…

DSC_6295

今から20年前…

若い頃良く食べに行っていたラーメン屋がある…

そこは深夜までやっており、駐車場がスクラップ工場みたいな場所にある…

屋台風のラーメン屋…

20年ぶり足を運んだ…

image

某グルメサイトだと評価低いのに…

そこには相変わらずの体格の良い漢達の行列…

image

進入禁止…

物々しい雰囲気…

何も変わってないな…

むしろ燻しに磨きがかかっている…
image
列に並び…

テラス席へと座る…
BlogPaint 
壁のメニューに視線を向ける…

思い出の品を注文…
image
そして…

これが…

男達の胃袋をガッチリキャッチしているラーメン…

ダブル(チャーシュー&ホルモン)

肉肉しく下品…最高…
image
そしてラーメン屋なのに…

ネギトロ丼…

胃袋が崩壊しそうだぜ…
DSC_6294

さらには角煮丼も…

image

そして麺をオカズに…

ネギトロを胃へとぶっこむ…

油が脳を揺らす…

image
肉も脳も溶けて行く…

背脂トリップ…


image
そこへ真っ黒な煮卵…

まるでブラックホール…

すべてを飲み込む物…

これが松戸クオリティ…

漢の街…

修羅の国…

マッドシティ…