安食の 大鷲神社

千葉県印旛郡の安食にある大鷲神社。
ここには日本一大きいと言われる魂生大明神が鎮座しているとの事なので観に行って来た。
image 
安食駅から徒歩10分ほどで大鷲神社に到着。

image
鳥居をくぐり案内図を見る。
おお…何か広そうだな。
そして入り口が男坂と女坂に分かれているな。

image
とりあえず女坂から上って行く事に

image
長い階段を…と思ったが

image
案内図の感じとは裏腹に意外とすぐ到着。
image
まず目に飛び込んで生きたのが子授けの大樹。
この秘密めいて樹神秘的な感じ。
image
そして本殿へ行く階段の脇に摂社 魂生神社がある。
image
説明書きを観て
image

中を拝見すると!でっでかい!!!こいつが日本一の大きさを誇る「魂生大明神」か!!

image
脇には大きな熊手があった。
なんでも大鷲神社は酉の市の時に、この木製の巨大な魂生大明神様が町内を練り歩く事で有名なのだとか。
image
そして脇には沢山の奉納された魂生様が。

image

さらに隣の部屋には変わった形の魂生様が沢山祀られている。

image
中には鷲の形をした物も飾られている。

image
本殿へ行く階段の途中には縁結びの「合体椎の木」がある。

image
いやー面白かったな~他に何かあるのかなと散策すると

image
稲荷神社を発見。

image
こちらは普通の稲荷神社のようだ。

image
階段を登り本殿へ

image
奥へと進んで行くと

image
立派な本殿があるが、ここはとりわけ変わった物が無いが、

image
奥へと行くと

image
何やら立て看板が

image
運勢鷲の巣占いと書かれている。
どういう事だ?と木の上を観てみると
image
鷲だ~!
image

そして脇には雑な感じの鷲の巣が!!
これはいいね~って事でお賽銭を投げ入れる。
image
そして帰りは
image
急な男坂を下って帰路へ。

いやー何か面白かったな。

魂生大明神も良かったけど個人的には運勢鷲の巣占いの雑さがツボだったな。