夢枕に立たれた不動明王に、示され霊泉の湧く温泉宿

コンクリート像…

それは…

読んで字の如く…

コンクリートで作られた像…

昭和のカウンターカルチャーの一つであり…

オリジナリティ高く…その荒々しい造りは、唯一無二の物が多い…

そんな心揺さぶられるコンクリート像が日本津々浦々にある…

ある晴れた日の午後…

俺は、仕事で秩父にいた…

昼飯を食べ街をぶらぶらとしていると…

視界に入りこんだ不動の湯の文字…

銭湯か?温泉か?

ああ…くそ…

何だかひとっ風呂浴びたくなってきたな……


風呂に誘われるがままふらふらと歩いた…

辿り着いた一件のお宿…

霊泉旅館の文字…

旅館か…

スロープを下がっていく…

迷路みたいな変わった造りだな……

さらに下へと降りる…

玄関…

さっき宿の看板があった場所が屋根部分だったのか…

何だかワクワクしてくる…

中へと入る…

誰もいない…

恐る恐る声を出す…

「すいませーん」

「………」

誰も来ない…

意を決し大声で呼ぶ…

「はーい」

奥から女将が姿を現した……

風呂に入れるか聞くと…

3時までだったら入れるとの事だった…

俺は風呂場へと向かった…

古いコーヒーの自販機…

増築に増築を重ねたような迷路のような通路…

感じる昭和臭満開のタイル風呂……

千と千尋の世界観…

たまに来るならこんな宿だな…

宿泊したい…

などと、考えながら風呂を頂き仕事の疲れを取った…

風呂からあがり宿を後にしようとした帰りがけに…

女将から、宿の奥にお不動様が、いらっしゃるから良かったらとすすめられた…

玄関を出ると目の前に参道があった…

なんつーか…

あれだな…

感じる…

本物の雰囲気ってやつを…

奥へと進む…

なんだこの漫画みたいな雰囲気は…

ボイラー室のような所に平均的な感覚で巻き付けれた、のぼり旗…

計算されてない怖さ…

さたに奥へと進む…

しなびた…のぼり旗…

まるで…あの世とこの世を繋ぐ橋…

ザワツキは増すばかり…

川を渡る…

な…何かみえる…

あっ…

あれが…

お不動様…

小走りで近づく…

圧巻のド迫力…

俺は秩父のはずれで神を見た……

ほっほんものや…

ほんまもんのお不動様や…

やり過ぎなまでの見得…乙だな…なんて乙なんだ…

荒々しく雑な造りはまるで円空…

そして感じるパワー…山のフドウのごとし…

南斗五車星…

熱い物が頬をつたう…

涙を流さずにはいられなかった…

一礼しお不動様の横を通り奥へと進む…

良く見ると…のぼり旗は手書き…

DIY…

全てがDIY…

そしてお不動様の、ソノサキは…

お堂が…

これ以上…ソノサキは無さそうなので…

引き返す…

それにしても…

この退的な雰囲気…

出そうと思って出せる物じゃない…

無計算の中にある計算…

こういう空間を作れる人間は…ある種の天才だな…

アート…感じる…

そんなお宿…

そして謎の橋…

トマソン…

超芸術…

一日いても飽きなそうだな…