湯河原の飯田商店と国味ラーメン

夏、お盆休みを利用して湯河原へラーメンを食べに。

お目当ては、超有名店「飯田商店」。

ある程度並ぶのを覚悟で昼前に着くように列車へと飛び乗った。

列車に揺られる事約2時間。

湯河原へ到着。

街はとても静かだ。

本当にこんな所に噂の行列店があるのだろうか…

閑静な街並みを駅から歩く事10分現場に到着した。

街の静けさとは裏腹に、店の前には人の群れが…

しかし想定内の込み具合だ。

パッと見1時間もかからんだろうと列へと向かうと…

このありさまである…

12時を前に、この仕打ち…

完全に侮っていた…これが「情熱大陸」のパワー…そして飯田商店の力なのか…

17時まで待って「食べれるか食べらないか」にかけるか、諦めるか…

しかし頭の中はラーメンの事でいっぱいだ。

ここまで来て食わないわけにもいかない…俺は意を決して待つ事にした。

とは言え5時間…腹も減っている。

頭の中はラーメン…とりあえず別の店でラーメンを食うか…と俺は街を歩いた。

 

すると飯田商店の目と鼻の先に国味というラーメン屋が…

地元丸出しというか…地域密着、昔から地元民はココ!といった感じの面構え。

そして今現在は飯田商店諦めホイホイといった立地。

俺は、特に期待もせずラーメンを食べたい一心で店へと入った。

席へ着きメニューを見ると、酒類が豊富。

そして酒もある。

時間もあるしラーメンじゃなくてもいいかと気が緩む。

とりあえず、ビールとつまみにザーサイを頼む。

ほどなくするとビールと炒めたザーサイが…これは…そのままのザーサイが来ると思っていたが…

ザーサイを口へと運ぶ…美味い…ビールにあう…さっと炒める一手間でこんなにも美味くなるのかザーサイ…

なんていうおもてなし…この一手間が、あいらぶゆー。

これは期待できる。

俺は亭主にラーメンを頼んだ。


そしてほどなくして運ばれてきたラーメン…

こいつは…なんという神々しいチャーシューのフォルム。

色味、バランス完璧なビジュアル…

美味い味のイメージが勝手に脳から舌へと伝わってくる…

そしてチャーシューを一口…

これはっ舌へと伝わってきたイメージと実際の味がシンクロする。

美味い…いやかなり美味い…そう最高のラーメンだ。

スープ、ワンタン、メンマ、全部美味い…

そして麺…これは…若干粉っぽいな…他が美味いから若干かすんで感じる。

もう一口…うむ…もごもご…もう一口…もぐもぐ…うん…

これは麺だけを食っていると、まるで小麦粉をそのまま食っている気分だ。

麺なのか小麦なのか…しかし徐々にイメージの味とシンクロしてくる。

スープと麺が絡みだす…手が止まらない…後引く味…うまい…

気が付くと丼は、からっぽになっていた…。

しかし俺の心と胃は完全に満たされていた。

残りのビールを一気に流し込み、ゲップと会計を済ませ俺は地元へと帰った。

飯田商店…次回は泊でリベンジだな…