大船観音寺

大きい物。巨大な物。

目の前に、そびえ立つ巨大な物。

その異様な光景に、男は何故か興奮してしまう。

巨大という響きにワクワクがとまらない。

俺は、そんな巨大な物に先日大船で出会った。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

俺は、駅を降りて直ぐに異変に気が付いた。

何だあれは…異形の者?

進撃の巨人…

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

いや観音様だ…

なんつーデカさだ…

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

気付かれぬように、そーっと正面へとまわる。

しかしその視線は、完全に俺を捉えていた…

絡み合う視線のレザービーム。

次第に意識が混濁していくのがわかる。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

薄れゆく意識。

光の差す方へと進んで行く。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

気が付くと俺は、巨大観音の目の前にいた。

吸い寄せられるように階段を上っていく。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

ああ…なんというデカさ…

美しい…

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

あああああ…

意識が…

遠のいて行く…

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

気が付くと俺は、あなぐらの中にいた…

一体此処は…何処だ…

天井!?

やたらお札が貼られているな…

視線を下へと落としていく。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

何やら部屋があるな…

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

中へ入ると八百万の神々が…

まさか…天国にでも来ちまったってのか!

その時だった、俺を呼ぶ声が聞こえてきた。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

俺は声のする方へと進んで行く。

其処には…

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

等身大の観音様が…

あなたが、俺をここへ呼んだのですね…

見つめ合う視線…美しい…

俺は手を合わせた。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

俺は、観音様に別れを告げ出口を探した。

どのくらいの時間探しただろうか…

やっとあった…出口だ!

俺は急いで外へと出た!

なんと其処は!

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

巨大な観音様の真下だった。

俺はどうやら観音様の中に取り込まれていたようだ。

大船に鎮座する巨大な観音様「大船観音」

危うく観音様の中で一生暮らす所だったぜ。

不思議な体験だったな。

俺は、大船の街を眺めながら思った。

「今晩は、てんやを食べよう」と…

そう強く思ったのだ。