鰭ヶ崎にある小さな飲み屋街と小金城址の怪しい街並み…

ローカル線界の北関東の雄…

流鉄流山線…

流山沿線には昭和の香りが残っている…

そして小電波も…

DSC_6924 

幸谷駅…

萌えな美少女に出迎えられ…

列車に乗り込む…


DSC_6939

鰭ヶ崎駅で降りると…

最初に目に飛び込んで来くるのは…

DSC_6941

駐車場脇にある…

DSC_6943

謎の顔出しパネル…

哀愁感じる…

ヤバメのパネル…

DSC_6945


そして…

その並びにある…

DSC_6946

2畳ほどの謎の小屋…

DSC_6947

鍵がかかった扉の奥には…

色褪せた人形や…

CDが置かれている…

DSC_6949

その隣には昭和感じるパン屋…

DSC_6925

線路を渡ると…

流山せんべいの店がある…

シェードの主張が凄すぎて何も伝わってこない…

DSC_6955 

看板もかなりかましてきている…

これが流山の力なのだろう…

DSC_6934

せんべい屋を脇道へと入ると…

古びたいなたい雰囲気の商店街がある…

DSC_6933 

クリーニング屋に…

DSC_6931 

中華屋…

やっているのか…

やっていないのか…

わからない店達…

そしてその奥に…

DSC_6926

昭和の香りのする小さな飲み屋街がある…

DSC_6928

錆びれた雰囲気だが…

DSC_6929

カラフルな店舗が…

ポップな気持ちにさせる…

DSC_6930

また夜の顔を観に来てみよう…

駅へと戻り…

列車に揺られ…

DSC_8976 

小金城址で降りる…

その昔、廃墟のようなマツキヨのビルと直結だった駅は…

ビルだけ取り壊され…

階段だけの間抜けな姿になっている…

DSC_8975  

階段を下り…

真っ直ぐ行くと…

商店街ある…
 



DSC_8966

そこには…

古びたマイナー系コンビニがある…

KCS…

関東コンビニエンス協同組合…

屋根の感じやロゴ部分のデザインが初期セブンイレブンに酷似している…

元々セブンだったのか…

それともKSCが当時のセブンをパクったのか…

DSC_8968

今となっては分からない…

DSC_8974

そしてその少し奥にある…

DSC_8973

黄色いシェードの店…

感じる威圧感…

ヤバい雰囲気…

DSC_8971 

近づくと…

其処は…

小電波…

謎の文言の数々…

無題


鬱…

劉邦…

ポップな書体で記された監視カメラ撮影中…


DSC_8970

これだけ警戒していおいて…

自由に触って下さい…

代金は箱の中への文字…

謎が多い…
無題

感じる危険…

これが流山クオリティ…

隠れた…

危険な街…

流山…