俺達の憩いの場だった…駄菓子屋「フレンド」

駄菓子屋…

それは…

少年達のコミュニティ…

圧縮された小さな世界……

初めての買い物を体験し…

買い物で数学…経済を覚え…

少年から大人へと変貌を遂げていく場…

我々が小さかった頃…良く行った駄菓子屋が「フレンド」

丁度…松戸と柏の市境にあり…他校の少年達との交流の場でもあった…

そんな駄菓子屋に二十数年ぶりに訪れてみると…


DSC_1025 

住宅街に…

懐かしの店舗は残っていたが…

シェードはボロボロに破れ…

シャッターは閉ざされていた…

チェリオを飲んでプレイ50円の筐体で格ゲーをやった日々…

嗚呼…俺達のフレンド…

何年前に潰れてしまったのだろうか…

高校生になってから…最後に行ったあの日…

「ああ…あんたかい…覚えてるよ…懐かしいね」と言ってくれた店主…

今…思えば…高校生位の年齢の子が来たら…全員に言っていたのだろう…

老獪にして明解…子供を手だまに取る天才…それが駄菓子屋の婆テクニック…

哀愁に浸り…南柏方面へと帰る途中…


DSC_1057 

其処には…

エリア外なので知らない店だが…

ファミリー…

子供用のチャリが店先に止まっている所を見ると…

駄菓子屋系の店なのだろうか…

フレンド…ファミリー…似た系統…

一歩店へと踏み込めば…

聞こえてくるよ…

「ああ…あんたかい…覚えてるよ…懐かしいね」の声…

などと妄想が膨らむ町…

柏…