スラム地帯…仲田橋周辺…川沿いの生活…a.k.a.仲田滝…

川沿い…

建築基準法の問題から住宅が建てれない為なのか…

独自のカルチャーが存在する地帯…

主に、スクラップ工場や産廃業者の置場…

グラウンドに…

謎の家庭菜園などが多く見られる…

荒廃した雰囲気…自然との調和…

そんな川沿いが日本津々浦々に存在する…

DSC_1666 

松戸市と流山市の市境…

仲田橋周辺も…

そんな男心をザワつかせる…

アナボリックな場所…

DSC_1739

入口に…

忍び寄る…

金次郎…

DSC_1740

線路沿いを歩き…

川沿いへと向かう…

DSC_1741

黄色多めの反射板…

赤が色褪せピンクのコーン…

黄色とピンクのコントラストが…

心をザワつかせる…

DSC_1742

道が細くなり…

小さな橋…

DSC_1743

橋の下には…

平賀川が線路下の暗渠を通り流れ出ている…

DSC_1745

橋は…

その先も…

細く長く続いてるが…

DSC_1747

橋の下には農道が通っている…

DSC_1746

個人の土地なのだろうか…

DSC_1749

辺り一面は家庭菜園で占領されている…

DSC_1750

細長い橋の終わりには…

DSC_1752

橋下の暗渠を平賀川が流れている…

DSC_1753

細長い橋の先には…

大き目の橋があり…

上富士川が流れている… 

DSC_1754 

橋の向かいには…

昭和カルチャー…

市営系平屋住宅の集合地帯がある…

DSC_1755

上富士川が渡り…

DSC_1757

奥へと行くと…

アウトローな雰囲気が漂ってくる…

スクラップ置き場だろうか…

鉄製の高い塀で覆われている…

DSC_1759

脇の森…

看板への悪戯…

綺麗に切り抜かれている…

芸が細かい…

これが流山クオリティ…

DSC_1761

鉄の塀が一部崩壊したのか…

置場の中が覗き見える…

DSC_1762

荒廃した雰囲気…

DSC_1764

売地…

産廃屋始めますか…

DSC_1766 

裏側へと回る…

壁の落書きは経年劣化によって消えかけている…

哀愁…

DSC_1767 

さらに奥へと足を踏み入れる…

DSC_1770 

スクラップ置き場だろうか…

DSC_1769 

トラック荷台部分を改造した事務所だろうか…

胸が高鳴る…

DSC_1771

その先には…

仲田橋…

DSC_1772 

橋の下は…

上富士川と

の合流地点になっており…

これより下流が富士川…

DSC_1814

平賀川は…暗渠から流れ落ち…滝になっている…

a.k.a.仲田滝…

滝のある町…流山…

ここが東南アジアだったら…

スカベンジャー達が川でゴミを漁り生計と立てているのだろう…

妄想が膨らむ…

流山スラム…

DSC_1776  

仲田橋から…

下流方面へと…

DSC_1777 

足を踏み入れて行くと…

DSC_1781

謎の小スペース…

DSC_1782

入口には…

2名様より…

御会食…

DSC_1784

その実態は…

2人掛けベンチ二つ…

奇怪な…

DSC_1787

この休憩所の営業時間は…

AM11.30~PM2.30…

みじか…

DSC_1788

休憩所の脇は…

DSC_1789


何やらキナ臭い雰囲気…


DSC_1790 

道の両脇いっぱいに広がる…

東南アジアのスカベンジャーを彷彿させる…

ゴミの山…

DSC_1791 

私道なのだろうか…

DSC_1792 

その奥は…

パイプなど…

産業廃棄物の置き場のようだ…

DSC_1807 

荒廃した雰囲気…

自然との調和…

非日常の世界…

心のザワつきが止まらない…


DSC_1812 

そんな…

川沿いスラムがある街…

流山…