日曜の昼はシャッター街…「 大津ヶ丘中央商店街」

昭和30年代…

日本は…

高度経済成長期に入り…

団地カルチャーが創設…

日本住宅公団などによる集合住宅の建設が盛んに行われ…

人々の住宅スタイルは一戸建てから…

集合住宅住まいへと変わっていった…

a.k.a.団地…

と呼ばれる区画…集合住宅内には…

生活関連施設も併設されのが主流だった…

そんな…

昭和カルチャー団地商店街は…

日本津々浦々に残っている…

DSC_1366

柏市にある…

大津ケ丘団地…

ここには…

昭和53年に大津ヶ丘団地の設立と共に併設された…

団地商店街が現存する…

DSC_1367

団地内へと足を踏み入れると…

商店街が視界に入り込む…

DSC_1369

商店街の入口には…

炭火焼と書かれた屋台がある…

夕方から焼鳥でも販売しているのだろうか…

向かいにはスーパーがあり…

人の出入りは多い…

しかし…

DSC_1370

スーパーの奥へ…

DSC_1371


足を踏み入れると…

DSC_1373 

日曜の昼間なのに…

哀愁…

シャッター街…

店は2店舗程しかやっておらす…

人は皆無…

DSC_1382


喫茶店など平日は営業しているようだが…


DSC_1383

空きテナントも目立つ…

DSC_1381 

シャッターの奥には…

色褪せたエモン…

DSC_1378 

そんな…

商店街のある街…

柏…