Melt Town

柏…松戸中心…東葛地区…都内近郊… B級スポット…神社仏閣…トマソン…洞窟…行列…朝飯… Melt なTown情報…

<スポンサーリンク>






カテゴリ: TOKYO

新橋にある自販機系立ち飲み屋「ベンダースタンド酔心」自販機系立ち飲み屋…自販で買って…立って飲む…男はそれを我慢できない…そんなスポットが新橋にある…缶ビール片手に…新橋駅で降り…新橋駅前ビル1を肴に1杯飲む…そこから少し歩く事5分…目的地に到着…ここが ...

有楽町にある自販機立ち飲み食安商店 有楽町のガード下に少々変わった立ち飲み場がある…有楽町から歩いて数分の所にある「食安」少々変わった立ち飲み場だ…道路を渡り店へ…年季の入った看板…少し奥まった空間に自動販売機が沢山置かれている店内…店の前にはテーブルが何 ...

英信寺へ三面大黒天を観に行って来た豊臣秀吉の念持仏…大黒天…毘沙門天…弁財天…三体の神が合体し…三面の顔を兼ね備えた珍しい大黒天…三面大黒天… 東京は入谷に鎮座している… 鶯谷から入谷方面に歩いて行く…光陽楼が見えたら…もう少し直進する…  三面大黒天の案内 ...

角打ち…酒屋で買った酒を…その店で飲む…男はそれを我慢できない…粋な飲み方…谷中に角打ちの出来る店がある… それが「大島酒店」…ここは、中で買った酒を、店頭にあるパラソルの下で飲める…。缶系だけじゃなく生ビール、チューハイ、日本酒もある… 角打ちは、マナ ...

羽田空港の変った自動販売機 自動販売機… 男はそれを我慢できない… そんな…変わった自販機が羽田空港には沢山存在する…  国際線旅客ターミナルには…絵馬の自動販売機がある…国際線旅客ターミナルから東京モノレールに乗り…羽田空港第2ビル駅へ行く…「姿を見た人 ...

天空橋駅にある謎の大鳥居 天空橋駅から弁天橋の方へ歩いて行くと謎の大鳥居がある … この鳥居は祟りがある羽田の大鳥として有名で都市伝説の一つ… もともとは現在の羽田空港があった場所にあった穴守稲荷神社の門前にあった赤鳥居で、戦後間もない1945年(昭和20年)9月 ...

穴守稲荷にある 中華そば「さとう」某グルメサイトで好評…某グルメサイトのトップレビュアーが美味いと太鼓判の店 …中華そば「さとう」…駅から徒歩数分の場所にある…シンプルな佇まいの店…店の入り口の貼り紙…見た感じ…ラーメンもシンプル… 店内に入り席に着き注文 ...

穴守稲荷神社元々現在の羽田空港があった場所にあったが、戦後間もない1945年(昭和20年)9月21日、羽田空港を軍事基地として拡張するためGHQにより、住民ともども強制退去を迫られることになり神社も現在の場所へ移った…穴守という名の由来は、堤防に開いた穴の害から人 ...

よーじや ラテアートができる自動販売機羽田空港には、日本初のラテアートができる自動販売機がある…それは…よーじや 羽田空港第2ターミナル店にある…この自動販売機…カプチーノを選択すると…ラテアートがされて出来上がる…購入すると…残り秒数が表示されて…完成… ...

空港内に日本橋!?絵馬の自動販売機も!日本橋…言わずと知れた東京都中央区の日本橋川に架かる橋…江戸の象徴のような橋…なぜか…羽田空港にこの江戸時代の日本橋がある…東京モノレールに乗り…羽田空港国際線旅客ターミナルへと向かう…モノレールを降り…空港内へと向か ...

吉野家の高級メニュー『牛重』牛重…元々国会議事堂店でしか売っておらず…国会議員御用達メニューで一般の人は中々食べる事が出来なかった代物…しかし…2015年より羽田空港国際線旅客ターミナル店で取り扱っており…唯一、一般の人も気兼ね無く牛重を食べる…東京モノレー ...

旧下谷小学校 都内で見れる人気の廃墟スポット…旧下谷小学校は、1928年(昭和3年)竣工の鉄筋コンクリート3階建てで平成2(1990)年に近隣の清島小学校と統合しために閉校している…廃校となったが今も建物は残っており区役所などの公的施設の駐車場になっているの… 夏場 ...

目白の切手の博物館前にある「まことちゃんポスト」 豊島区の変ったポストと言えば巣鴨地蔵通り商店街にある「すがもんポスト」…しかし…もう一つ…目白に変ったポストがある… 目白駅から歩いて…5分ほどの所にある切手の博物館… その玄関先にある…白と赤のボーダー柄 ...

西武池袋線 池袋5号踏切(V字踏切)西武線沿いに奇妙な踏切がある…池袋から椎名町駅方面へと向かう途中…踏切地蔵がある…その直ぐ先の踏切…踏切に立ち入ると…異変に気が付く…渡きり振り返る…道がV字で分かれている…左側を渡ってみる…右手には先ほど渡った踏切…不思議 ...

綾瀬車両基地千代田線単独終端駅北綾瀬駅…この街には…綾瀬車両基地がある… 元々綾瀬車両基地への引き込み線を旅客営業用として千代田線北綾瀬支線として使用している…駅を降り線路沿いを歩く…しばらく歩いていると車両と跨線橋が見える…その先が車両基地…跨線橋の上か ...

千代田線20番目の駅北綾瀬駅 普段、常磐線に乗っていると亀有の次は綾瀬で、そのまま東京メトロ千代田線へと切り替わり北千住へと向かって行く…また逆もしかりで千代田線に乗っていても綾瀬から常磐線へと切り替わり亀有へと向かう…その為、千代田線最後の駅「北綾瀬駅」 ...

お花茶屋の老舗洋食屋「キッチンポパイ」ステーキ…それは男の浪漫…男はそれを我慢できない…お花茶屋に…そんな…ステーキが食える店がある… それが燻しがかった老舗洋食屋…「キッチンポパイ」… ステーキ…ステーキ…ステーキ…店内に入りメニューに目を通す…メニュ ...

京成高砂にあるプラレールカフェ「プラたく」 京成高砂にプラレールカフェがある… 高砂駅を降りて高砂検車区を見たあと…踏切を渡りまっすぐ歩いて行くと…プラたくがある…プラレールカラーの外観…入り口のガチャは勿論…カプセルプラレール…中には、巨大なプラレールの ...

中華屋「上海小吃」路地裏…男はそれを我慢できない…これはもう路地裏ウェスタンだ…そんな…路地裏が…新宿にはある… 繁華街を抜け…激安居酒屋「めだか」を通り過ぎると…ディープな店中華屋「上海小吃」の看板が見える…ここが魔界…いや…怪しい裏路地の入口…矢印の ...

西台にある梵寿綱建築「ルボワ平喜」を見てきたよ梵寿綱建築…それは…日本のガウディと呼ばれる男の建築物は…日本津々浦々にある…その作品からはコスモを感じる…  板橋にある「ルボワ平喜」も…そんな梵寿綱建築のひとつ…駅から数分の所にあるマンションは…一目見て ...

浅草 鷲神社の「なでおかめ」…「酉の市」の起源発祥で有名な浅草 鷲神社…しかし…ここには…熊手もよりも有名な…巨大なブツがある…酉の市時は賑わっている鷲神社だが…普段は静寂している…この日は熊手すら隠れていた…門をくぐり境内へと向かう… 門をくぐると…強烈 ...

ドラード早稲田日本のガウディと呼ばれている梵寿綱の建築…早稲田にも梵寿綱建築がある…  王子から都電荒川線に乗り早稲田へ…駅から10分ほど歩くとその建築は見えてくる…明らかに異質な建物…ハウルの動く城のようなシルエット…これが梵寿綱建築「ドラード早稲田」 ...

第六天榊神社のお穴様穴…男はそれを我慢できない…お穴様と呼ばれる…異空間へと繋がる謎の穴が都内には多数存在する…蔵前から歩いて5分程の所にある第六天榊神社…ここにもそんな…秘密めいた…お穴様がある…境内に入り左手へと進む…そこに…稲荷神社がある…鳥居を潜っ ...

靖国神社内 外苑休憩所靖国神社内 外苑休憩所…そこは…まるで昭和の世界…九段下駅の地下からエスカレーターに乗り…地上を目指す…エスカレータートリップ…靖国神社へと向かう…時刻は夕方…境内に入り徒歩5分ほどの所に外苑休憩所はある… 中へと入る…昭和10年に建てら ...

銀座線の上野検車区前の踏切銀座線には地下鉄なのに踏切がある…それは上野の廃校になった下谷小学校の近くにある…圧倒的な廃墟感…下谷小学校を通り過ぎ踏切へと向かう…下谷小学校の裏門から真っすぐ歩いていくと…踏切警報機が見える…路地を曲がる…そこにあるのが…銀 ...

豊岩稲荷神社裏路地…男はそれを我慢できない…隙間…人は隙間に入りたい…銀座には…ビルとビルの隙間に神社がある…意識していない見落としてしまう…神社への入口…石柱の奥は細い参道がある…奥からは怪しい照明… 怪しい照明の雰囲気…その奥から狐が見える…ここがビ ...

日暮里にある洋菓子屋さんサブロン サブロンの店主は洋菓子のコンクールで賞をとる実績をもつパテシエ…しかし…店主は、若かりし頃に感銘をうけた大勝軒のつけめんを、大勝軒の「特製もりそば」のレシピが載っている本を見て独学で研究し続けていた…さらに大勝軒の山岸さん ...

パンとサーカス肉…男はそれを我慢できない…あらゆる肉を食したい…キングオブミート…そんな男の夢をかなえてくる店が新宿3丁目にある… それが西新宿にある…パンとサーカス…7つの珍肉が食べられる…しかし…4人からじゃないと予約出来ない…パーティ―を4人集めてイベ ...

目黒にある「大円寺」目黒の大円寺に変わった地蔵が鎮座している…大円寺は正式には写真にあるように大圓寺と書く…江戸時代から目黒不動尊への参詣路の行人坂の途中にあり有名…立派な門には大黒天の文字が書かれている…大円寺本堂は、江戸城裏鬼門にあたる為、徳川家康をモ ...

目黒の蟠龍寺の岩屋 岩屋… 穴蔵… 洞窟… 穴… アナと雪の女王… 男はそれを我慢できない… 蟠龍寺にある岩屋もそんな穴の一つ… 蟠龍寺は東京都目黒区にあり山手七福神の一つ… 江戸裏鬼門の鎮守として岩屋に石造弁財天、弁天堂内に木造弁財天と2つの弁財天がある… ...

曹源寺に河童の手のミイラ河童…全国で目撃例のある…日本の妖怪…神話…しかし…河童のミイラが日本各地に存在する…そして河童の手のミイラが浅草にある…河童橋…大量のマネキンが飾れれているビル…この辺りを曲がり…少し歩くと… かっぱ寺a.k.a.曹源寺がある…ここに ...

両国「回向院」両国「回向院」に、ねずみ小僧の墓がある…ねずみ小僧とは…鼠小僧次郎吉として知られる…江戸時代後期(化政期)に大名屋敷を専門に荒らした有名な窃盗犯…院の奥へ… 相撲の慰霊碑「力塚」…その奥に… 削られた石…これが、ねずみ小僧の墓…では無く…正 ...

北千住 安養院の「かんかん地蔵」 「かんかん地蔵」といえば浅草の銭塚地蔵堂が有名だが…北千住の安養院にもある…北千住駅から旧日光街道千住宿だったサンロード商店街…この道を歩き…横山家住宅…吉田屋を通り過ぎ…30円焼き鳥で有名な…まるせんを通り抜けると…安養院 ...

北千住「まるせん」の30円焼き鳥 焼鳥…男はそれを我慢できない…北千住にそんな男達を満足させる店がある…それが…まるせんだ…特売30円の文字…そう…鳥モモが30円なのだ…特売の鳥モモ30円以外も…基本60円と激安…タレは別売りで10円…難点は…すぐ袋に入れ ...

山くじら ももんじや肉…男はそれを我慢できない…ミート オブ ミート…それは…いったいどんな肉なのだろう…両国にも猪や鹿肉が食べれる場所がある… それが…山くじら ももんじや…正式名称ももんじやa.k.a.豊田屋…創業は1718年…ももんじとは百獣の事…四つ足の ...


↑このページのトップヘ