1日で閉店した謎のラーメン屋「郷の香」

北小金に…

1日で閉店した謎のラーメン屋があった…

image

その店の名は…

郷の香…

数カ月間、その道を通ると…

元々居酒屋だった場所を改装していたので…

ずっと気になっていた…

そして…

いよいよオープンの日…

image

店の前に行くと…

看板が出ていた…

写真は無く…

ここから読みとれる情報は…

文字のみ…

そこからイメージするだけ…

どういったラーメンか判断に迷うが…

冒険心から…

俺は店へと入った…

この時の俺は…

自分が平和ボケしていた事にまだ気づいていない…

image 

食券機の前で押し寄せる高揚感を抑えながら…

思考する…

普通のらーめんとチャーシューメンが50円しか違わない…

おのずとチャーシューメンの食券を買い席へと向かった…

カウンターに食券を置くと…

暖簾越しに手が出てきて食券を回収された…

この時は…

とりわけ異変には気が付いていなかった…

image

リフォームしたばかりの綺麗な店内…

オープン初日…

店内に客は私だけ…

image

メニューに餃子などサイドメニューは、なかったが調味料が何故か大量に置かれている…

一瞬感じた戦慄…

これから餃子でも始めるのかと…

思考を切り替える…

しかし…

よく店内を観察すると…

違和感を感じ…

その正体に気が付く…

そう…

厨房が暖簾で隠れていてまったく見えない…

良く考えれば…

店員の顔を俺はまだ見ていない事に気が付く…

これは…

客に期待を持たせる演出なのだろうか…

盗まれたくないレシピ…

そうに違いないと思おうとするが…

不安を隠せない俺がいた…

もしかして…

これ…

やっちまったか…

image

気を落ち着けるため…

お冷を一杯飲んだ…

image

そして…

不安を払拭させるため…

豚骨、味噌、魚介、家系、いったいどんなラーメンが出て来るのか期待に胸を膨らませる事にした…

待つ事5分…

ついに麺が暖簾越しにカウンターの上に提供された…

image

その麺は驚愕の物だった…

斬新すぎる…

初めての出会い…

何系?など系統にこだわっていた自分の概念を完全に打ち砕かれた…

予想の遥か斜め上のビジュアル…

絶対美味い訳がないと…この瞬間思った…

image
 
そして一口麺に手をつける…

不安は確信へと変わった…

味が…

味がしない…

あっさりという概念を通り越し…

無色透明…

image

止まりそうになる箸…

気合でチャーシューを食べた…

味がする…

味がする事に感激を覚えた…

ラーメンに味がしなかった分うまくすら感じた…

こんな緩急のつけ方は初めてだ…

image

そしてブロッコリー…

ブロッコリーがまるごと入っている…

斬新すぎる…

良く見るとコーン、ニンジン、グリンピース、色味づけにパプリカ…

ホワイトシチューかと思った…

image

普段、飯を残す事にインモラルを感じ…

飯は絶対に残さないと決めて生きてきた…

が…

無理だ…

箸が止まった…

そして何も言わず店を出た…

店内からも声は何も聞こえない…

俺は…

平和ボケしていた…

新店のラーメン屋…

このご時世…

ある程度自信を持って店を始める物だと勘違いしていた…

必ずしもプロが始めるとは限らない…

なんの情報も無い所に飛び込む危険性…

改めて感じた…

しかしながら…

なんの情報も無い所に飛び込まなくては…

こういった経験は中々出来ない…

逆を言えばラッキーなのだろう…

しかし心の中では…

数年前…

20代の日本人美女を指名した筈なのに…

50代後半のハゲたフィリピン人女性が出てきた激安店…

トラウマがフラッシュバックしていた…

この店いつまでもつのだろう…

そう感じながら次の日…

店の前を通ると…


image

入口の扉に…

チラシが刺さった状態で閉まっていた…

早速休業…

しかし、その3日後に、また店の前を通ると…

前に見たチラシが、扉に刺さったまま店はやってない…

もしかしたら、開店した次の日からずっと休業しているのか?

そして1カ月…2か月と時は経っていったが…

この後…郷の香が店を開ける事は無かった…

オープンした次の日には閉店…

あれだけの設備投資をし…

メニュー表を作り…

始めたラーメン屋…

謎だ…謎すぎる…

そして1年…

時が経った今…

店はベトナム料理屋へと変貌した…

もしかしたらここのラーメンを食べたのは俺だけなのかもしれない…

初日に見たバイト募集のチラシは何だったのか…

究極のラーメンを求め店主が修行に行ってしまったのかもしれない…

赤と青と黄色の看板…

これが答えなのだろうか…