クロード・ライールが書いた巨大壁画と昭和感じる商店街…

巨大な壁画…

大きいは正義…

ギャラリー達を圧倒し…

刺激する…

団地…

そこには商店街がつきもの…

訪れる者達をエモーショナルにする…

そんな二つが混合した昭和遺産が南船橋に存在する…


DSC_1116  

南船橋を降りると…

視界に入り込む景色…

奥には高級そうな高層マンションが建ち並び…

手前には古くからあるカラフルな団地群…

まるでメキシコやブラジルの町並みのようだ…

DSC_1118

駅を降り…

団地側へと出ると…

巨大なバベルの塔…

いや給水塔がある…

表からは分からないが…

裏側には…

DSC_1120 

何やら巨大な壁画が隠されている…

DSC_1121

謎の車止めを尻目に…

給水塔へと近づく…

DSC_1123 

マーベラス…

これは…

ベルギー人芸術家のクロード・ライール氏が…

昭和62年に制作した壁画…

昭和の最後に産み落とされた作品…

エモーション…

DSC_1124

そしてその奥には…

若松団地が広がっている…

DSC_1125

イケヤにひっぱられるように…

モダンなカラーに仕上げられているが…

その歴史は古い…

古参の団地だ…

DSC_1126


一階部分には…

例のアレ…

団地マーケットが広がっているが…

DSC_1127

定番の郵便局以外は…

DSC_1128

ほぼシャッターだ…

DSC_1129

エモーショナルな看板がちらほら残っているが…

DSC_1132

寂しさはぬぐえない…

DSC_1134

そんな中にある…

DSC_1136

一軒の中華屋…

一町一個…町中華…

売店スペースの渋い…

いなたい雰囲気…

見つけたら必ず食べるのがマイルール…

町中華保全活動…


DSC_1139 

そんな渋い中華屋と…

給水塔で…

エモーションしている街…

船橋…