強烈なエモーション…流山にある廃スーパー…

廃墟…

なぜ人々を魅了するのだろう…

昭和のエレジー…

あの頃を残しながら…

朽ちてゆく…

その姿に…

漢達は哀愁を感じる…

嗚呼俺達のエレジー…


DSC_1989

夕暮れ…

いつだって心はOldays…


DSC_1990  

いなせな…

看板のその横に…


DSC_1988



廃店舗…

スーパー八木は存在する…

圧巻の存在感…

放つエレジー…

DSC_1991  

近づくと感じる低さ…

身長と同じくらい…

丁度170cm程度位だろうか…

低い…

天井の高い物件が多いこんにち…

こんなにも低い…

それが昭和のエレジー…

DSC_1992

作業台のようなものが…

無造作に…

店舗の前に置かれている…

バナナの叩き売りの為の台だったのだろうか…

膨らむ妄想…

哀詩…

DSC_1993

自然との調和…

ボタニカル…

DSC_1994

黒川商店と書かれた文字…

緑と鉄さびの調和…

ラピュタ…

DSC_1996

そんなエレジー…

全開の町…

流山…